海外バイナリーオプション

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します
24Option

24Optionは2015年7月より日本在住の方の新規口座開設ができません。代わりにYBinaryをお勧めします。

海外送金
相互リンク先の 手数料を節約して便利に海外送金する方法 では海外送金全般について様々な情報を公開されております。こちらもあわせてご覧ください。
Skrill
Skrillに関しては「Skrillガイド」で詳しく解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

バイナリーオプションが面白い

バイナリーオプションはルールは単純なんですが、奥が深いですね。まだ私は、取引ルール的な、スタイル的なものが出来上がるまではいっていないのですけど、時間が限られてることが関係するのか冷静に取引しないといけないのですが、なんか熱くなって無理にエントリーとかしてしまいますね。

24Option24Option

24Optionでは、チャートを見ながら取引が出来ますが、このチャートにはテクニカルが表示できないのが難点です。やはりチャートに基づいてエントリーすると思うのですが、こういった短期勝負ではテクニカルが重要だと思います。別のFX業者の取引ツールを起動しておいて、トレンドラインを引いたりとか、テクニカル分析を踏まえて戦略を決めたいですね。

バイナリーオプションの特徴は時間が決まっているところで、終了時刻の6分前くらいに最終取引受付時間となりますが、徐々に最終取引受付時間に近づくについて境界なら狭く、ワンタッチならばターゲット価格が近くなってきますので、エントリータイミングが結構重要かと思います。経過次第で更に額を増やしたり、別の取引方法でエントリーしてみたりと色々な戦略をとることができます。

三角保ち合いからの境界とか、抵抗線付近でノータッチとか、トレンドが出ているときのワンタッチとかが、比較的エッジのある取引かなと思っています。メジャーなHigh/Lowは個人的にはあまり登場機会がなかったりしますね。どれだけ買うかとかもありますし、考えるところがいっぱいあって、時間が限られていますから、すばやい判断力が求められますね。そこが面白いところですけどね。

バイナリーオプションを始めるのは簡単です。取引を始めるのにFXのような面倒な書類の提出など一切ありません。24Optionではたったの200ドルからクレジットカードで入金してすぐに取引を始めることができます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/29 13:59 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

バイナリーオプションの戦略

バイナリーオプション取引は、最小限のリスクで最大の利益をあげられる割の良い取引方法と言われています。 バイナリーオプション取引の人気が高い理由は、高い利益をあげることのできるポテンシャルにありますが、 バイナリーオプション取引は全くリスクが無い訳ではないし、 トレーダーは損失を最小限に抑え勝率を上げるための戦略と戦術を持っておく必要があると思います。

1. 小さなサイズから積み上げる
最初のトレードで全額投資してしまうなんて論外ですね。 もしも負けてしまえば、挽回不能になってしまいます。 ですので最初は小さなサイズで取引を行っていき、ゆっくりと築き上げることです。 小さなサイズでの取引を重ねることで、経験が増し自信も付きますし、 それにより自然とサイズを大きくしていくことができます。 何といっても損失が出てもリカバリーが効くことが重要です。
2. 調査と研究
バイナリーオプション自体は単純で簡単なものですが、注意深く取引しないと負けてしまいます。 取引する銘柄の動きやトレンドなどを知ることが重要です。 過去のデータや経済指標の発表など注視する必要があります。 FXなどをやっていれば当たり前のことですが、こういったことは正しい判断をするのに役立ちます。
3. タイミングが重要
バイナリーオプションでの支払い額はあらかじめ算出され、終了時刻にイン・ザ・マネーで終われば払い戻されます。 ですのでマーケットにエントリーするタイミングが重要です。 またより早いエントリーは、もしも想定と反対の挙動を示した場合にも戦略を変更する余裕が生まれ、損失を抑えることにもつながります。
4. コールとプットの両建て
バイナリーオプションでは両建ての制限がありません。同じ業者において両建てが可能です。両建てにより損失を抑えることが可能になりますね。
5. ヘッジ
バイナリーオプションの最も一般的な戦術はヘッジだと思います。 ヘッジとはポジションを保全したり、利益を固定したりする目的で行われます。 コールオプションを買って、しばらくしてマーケットが反対の方向に動いた場合、そのポジションの利益を部分的または全体的にヘッジすることができます。 このようにして取引を結果として損失に終わらせるよりも、いくらか利益を上げることができたり、また損失を和らげたりできます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/05/11 19:32 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(2) |

バイナリーオプション取引方法

一口にバイナリーオプションといっても、実は色々あります。 現在のところ国内だとIGマーケッツ証券が提供しているバイナリーオプションしかないようですが、 これが一般的なバイナリーオプションと多少異なるので、ややこしくなっています。

まずは一般的なバイナリーオプションの取引方法は3種類あります。

  1. ハイ/ロー(High/Low)
  2. ワンタッチ(One Touch)
  3. 境界

ハイ/ローは、現在の価格よりも終了時刻においてマーケット価格が高くなっているか、低くなっているかを予想するものです。 例えば、11:45時点でUSD/JPYが83.5で、リターン率が80%で終了時刻は12:00、ハイを100ドル買うとします。 11:55ごろUSD/JPYが83.35となりましたが、12:00に無事に83.55となったとします。 終了時刻でのマーケット価格が83.5より高い値ですから予想が当たりましたので、 リターン率80%ですので100ドル×0.8の80ドルが利益として、180ドル払い戻されます。

ワンタッチは、終了時刻までにターゲット価格に一度でも達する(タッチ)か、達しないか(ノータッチ)を予想するものです。 例えば、11:45時点でUSD/JPYが83.5で、ターゲット価格が83.4、リターン率が65%で終了時刻は12:00、タッチを100ドル買うとします。 11:50にUSD/JPYは83.4となり、この時点で利益確定です。 リターン率65%ですので65ドルが利益として、165ドル払い戻されます。 タッチはこのように終了時刻を待たずして利益が確定されますが、ノータッチの場合は最後まで分かりませんね。

境界は、終了時刻に上位ターゲット価格と下位ターゲット価格の間にマーケット価格が収まっている(イン)か、収まっていない(アウト)かを予想するものです。 例えば、11:45時点でUSD/JPYが83.5で、上位ターゲット価格が83.6、下位ターゲット価格が83.4、リターン率が70%で終了時刻は12:00、インを100ドル買うとします。 11:55ごろUSD/JPYが83.35となりましたが、12:00に無事に83.55となったとします。 終了時刻でのマーケット価格が上位ターゲット価格83.6と下位ターゲット価格83.4の間に収まっていますのでインとなり予想的中です。 リターン率70%ですので70ドルが利益として、170ドル払い戻されます。

すべてのバイナリーオプション業者で3種類を扱っているわけではなく、ハイ/ローのみのところもあります。 基本はハイ/ローで、ワンタッチや境界は取引銘柄が限られているケースが多いですね。 国内業者のIGマーケッツ証券が提供しているバイナリーオプションは、 一つの取引銘柄にラダーといって複数のターゲット価格から選んでハイ/ローを予想するもので、 すこし特殊で分かりづらいですが、 海外で一般的なバイナリーオプションはこのようにシンプルなものです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/03 22:28 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

バイナリーオプション

FXで短期売買をしていてエントリーは特に問題無いのですが、 ストップロスをどれくらいにするか、どれくらいで利確するか悩みます。 良くあるパターンが、 ストップロスにタッチしたかと思ったらぐいぐい値を戻してしまったり、 読み通り利益が出ていても、 利確のタイミングを逸して結局小さな利益となってしまったりすることです。 こういったことは、 当たり前として受け入れてはいるのですが、 何かすっきりしないものがあります。 ついこの間も急速な円高でポジションのいくつかはストップロスに引っかかってしまったのですが、 そのあと暴落前の水準に戻していますが、 介入があったとはいえ、やはり何かすっきりしないです。

ルールが単純だとこういったストレスがありません。 日本だとあまりまだ馴染みがありませんが、 バイナリーオプションという金融商品があります。

オプションは特定の期日に特定の売買を行う権利のことですが、 バイナリーオプションは通常のバニラオプションに特殊なルールを加えたエキゾチックオプションの一つです。 原資産価格がある一定価格に達すると価値を持ち、一方で到達しなけれれば価値を持たないオプションのことです。 期日に関してはスタイルがあって、アメリカンとヨーロピアンがあります。 アメリカンは期日前にいつでも権利を行使できますが、 ヨーロピアンではちょうど期日にのみ権利行使できます。 バイナリーオプションはヨーロピアンですね。 とまあオプションと聞くと何か難しくとらえがちですが、 このバイナリーオプションは簡単で、 今のマーケット価格からある時点において高くなっているか、低くなっているかを当てます。 当たれば収益で、外れれば損失です。 バイナリーですので「あたり」か「はずれ」の2値ですね。

バイナリーオプションには様々な利点があると思います。

1. わかりやすさ
最大の利点だと思います。初心者の方でも問題ないですね。
2. ハイリターン
またハイリスクですが、 これは小額からでも十分に利益を出せますので、 資金効率の面からも好都合です。
3. 短期決算
1週間というのもあるようですが、大抵は1時間とか15分以内とかです。
4. リスクの限定
次に取引開始前に利益と損失の額が確定していることです。 たとえ予想に反して暴落しても損失は固定です。 FXのようにすべる心配がありませんね。

バイナリーオプションは今まで一般の投資家は取引できませんでしたが、 最近は専門の取引業者が目立つようになってきました。 日本だと僅かですが、海外には沢山のバイナリーオプションブローカーが存在します。 個人的にはまだ調べ始めたばっかりで、 判断はつきませんが、 これをメインに投資するという感じにはいまのところなっていません。 ただ要所要所で使えそうですし、投資のちょっとした味付けになると思っています。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/23 00:18 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(1) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。