ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

砂糖(Sugar)

砂糖はサトウキビとテンサイから作られます。どちらでも全く同じ砂糖ができます。世界の生産量のうち70%がサトウキビによるものです。

サトウキビの生産国としては、1位がブラジル、2位がインド、3位が中国で4位がタイです。 ちなみにアメリカは9位で、州でいうとフロリダ、ルイジアナ、テキサスとハワイの生産量が多いですね。 一方テンサイは1位はフランス、2位がアメリカ、3位がロシアで4位がドイツです。 州でいうとミネソタ、アイダホ、ノースダコタとミシガンの生産量が多いです。

需要の面では、ブドウ糖果糖液糖のような甘味料の種類が増えて競合するようになってきています。 世界の輸入需要の約80%が発展途上国によるものです。 世界の生産量の約70%が自国で消費されています。 過去の最高値は1974年の64セントで、過去の最安値は1960年の2セントです。 ブラジルでの砂糖が原料であるエタノールの需要増加によって2006年くらいから砂糖価格はサポートされています。ブラジルは最大の砂糖の輸出国であり、最大のエタノールの生産国であり消費国でもあります。

砂糖先物を取引するのであれば、ブラジルの情勢をチェックする必要があるでしょう。 もちろん天候も重要でブラジル、インド、アメリカの天気は確認すべきです。 収穫の時期の豪雨はサトウキビの収穫量を落とす原因になります。 そうなれば先物価格は上昇することになるでしょう。 砂糖先物は9月から12月にかけて高くなる傾向があります。 ブラジルのエタノール生産量増加は長期的に砂糖価格を押し上げる要因になります。 原油価格の上昇は、砂糖価格をサポートすることにもなります。

砂糖先物はインターコンチネンタル取引所(ICE)で取引されます。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/10/16 17:03 ] コモディティ | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。