ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

原油(Crude Oil)

WTI(West Texas Intermediate)はテキサスで産出される原油で、 Light Sweetと呼ばれるグレードのもので、 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されています。 Light Sweetは取引される原油の中で最もポピュラーなグレードです。 その他のグレードとしてはブレント原油で、これはイギリスの北海で産出される原油で、 主にロンドン国際石油取引所(IPE)で取引されます。 ちなみに東京工業品取引所(TOCOM)ではドバイ産原油が取引されています。

原油は油田から採掘したままの状態で、 精製することでガソリン、灯油(heating oil)など様々な石油化学製品となります。

ロシア、サウジアラビア、アメリカが世界三大産出国になります。

主な原油に関するレポートは米エネルギー省エネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)の週間石油在庫統計です。 このレポートは毎週水曜日の10:30AM(EST)に発表されます。

ガソリンや灯油の値段は原油価格に影響します。 夏と冬は一般的に需要が高くなるようです。 猛暑だったり、夏休みなどで車をよく利用するシーズンでは原油の需要が高くなり、価格が高くなります。 厳冬の場合は灯油の需要が高くなりますので、 結果として原油の需要も高くなり価格も上がります。 アメリカの北東部は寒いですから、それだけ灯油を消費量が多い地域ですので、 冬はこの地域の天候を確認しておきましょう。

OPECの増産と減産などの動きにも注意する必要があります。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/10/02 16:52 ] コモディティ | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。