ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

トウモロコシ(Corn)

トウモロコシ(Corn)の主要な用途は、飼料、食糧、アルコール、エタノール、工業用途、種子です。 CBOTで取引されているトウモロコシのグレードは主に飼料として利用されます。 アメリカは年間に100から120億ブッシェルのトウモロコシを産出し、世界で第1位の輸出国で39%を占めます。第二位は中国で21%です。

アメリカではトウモロコシは4月から5月に植えられ、10月から11月に収穫されます。 州でいうと、アイオワ、イリノイ、ネブラスカが上位となります。 2006年あたりから工業用エタノールとしても利用されるようになり需要が急増しています。

USDAからのトウモロコシに関するレポートは、Prospective PlantingsGrain StocksWorld Agricultural Supply and Demand Estimatesです。World Agricultural Supply and Demand Estimatesは毎月10日付近にリリースされます。推定されるトウモロコシの需要と供給量が更新されます。

夏の期間が最も盛んに取引されボラタリティもあります。 中西部の猛暑や洪水など気候に注意を払う必要があります。この時期はアメリカの天気も weather.comなどでチェックすることをおすすめします。

World Agricultural Supply and Demand Estimatesは市場に大きな影響をあたえます。レポートは毎月10日付近にリリースされ、穀物の需給分析がまとめられています。 Grain Stocksも大きな影響があります。1/11、3/31、6/30、9/30付近にリリースされ、在庫の最新データが公開されます。

4月と5月付近はどれだけ早く作付けされるかも注目します。もしも遅く植えられた場合、収穫量が減少し価格が上昇するかもしれませんね。

CBOTのトウモロコシ先物価格はここ

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/25 17:00 ] コモディティ | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。