ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

PayPal手数料ポリシーの変更

以前は相手が国内だろうが外国だろうが、パーソナルアカウントで資金源がPayPal残高であれば無料で送金、受領できたのですが、2009年7月20日更新の手数料ポリシーでは外国への送金の場合は手数料が必要になっています。

例えば、アメリカのパーソナルアカウントユーザから2000ドルの送金を受けた場合、0.5% の10ドルと固定手数料0.30ドルで、合計10.30ドルの手数料がかかります。反対にアメリ カのパーソナルアカウントユーザに2000ドル送金する場合は、1%の20ドルと固定手数料0. 30ドルで、合計20.30ドルもの手数料がかかります。 相手がプレミアアカウントだった場合は、3.9%の78ドルと固定手数料0.30ドルで、合計78 .30ドルの手数料が徴収されてしまいます。

詳細は、PayPalのホームページ > ユーザ規約 > 手数料ポリシーを辿ってください。

OANDAやAVA FXなどとのPayPalでの送金、出金する場合、高額な手数料が請求される可能性があり注意が必要です。例えばOANDAから2000ドル引き出す際に78.30ドルの手数料が徴収されることになると思います。

どうやら小切手を郵送した時代に戻るしかないようです。

Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/08/03 20:10 ] PayPal | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES