ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

燃油サーチャージ

そろそろ2008年下期のUNITED GO FAIRSが発表されると思いますが、2008年8月1日より購入分の燃油サーチャージは片道で、

日本-アメリカ本土28,000円
日本-ハワイ20,000円
となっています。現在のところ4人家族だとアメリカ本土に飛ぶと224,000円もの燃油サーチャージを取られてしまいます。

燃油サーチャージの算出は3ヶ月平均のシンガポールケロシン価格で決められます。基本的に5月・8月・11月・2月にシンガポールケロシン価格を確認し直前の3ヶ月平均の価格が表2の条件額を下回った場合、表1の実施時期からの額の改定を政府に申請します。

ただ、下回った場合の話で、上昇の場合は、毎月のように改定され上がっているようです。翌月に燃料サーチャージが上がるかどうかは、シンガポールケロシン価格の動向を確認しておけば予測できると思います。シンガポールケロシン価格は、Energy Information Administration(エネルギー省)Spot Prices for Crude Oil and Petroleum Productsのページから確認できます。このページの表のKerosene-Type Jet FuelのSingaporeの行にある値になります。ただこの値は単位が、Cents/Gallonなので、0.42を掛けて、USD/Barrelにする必要があります。今表を見ると342.86(08/05/08)ですので、144.00ドルですね。7月の平均は166.48ドルで、120ドルにはまだほど遠いのでしばらくは燃油サーチャージが安くなることはなさそうですね。

また実際に搭乗する日ではなく発券した日が算出対象なので、月初めに改定になることを留意して、下落局面にはなるべく直前の月初めに予約、上昇局面には早めの月末に発券するといったことをすると良いと思います。いまのところ原油価格はピークを打ち下落の傾向を強めていますので、シンガポールケロシン価格も今後下落傾向となるかもしれませんね。

表1
実施時期(発券日基準) 燃油価格動向の確認時期 燃油価格動向の把握
4月1日 2月に確認 11月から1月までの3ヶ月平均価格
7月1日 5月に確認 2月から4月までの3ヶ月平均価格
10月1日 8月に確認 5月から7月までの3ヶ月平均価格
1月1日 11月に確認 8月から10月までの3ヶ月平均価格
表2
シンガポールケロシン価格の
基準価格
日本発券
アメリカ
本土
ハワイ
120米ドルを下回った場合 \24,000 \17,000
110米ドルを下回った場合 \20,000 \14,000
100米ドルを下回った場合 \16,000 \11,000
90米ドルを下回った場合 \12,000 \8,500
80米ドルを下回った場合 \9,000 \6,000
70米ドルを下回った場合 \6,000 \3,500
60米ドルを下回った場合 \3,000 \2,000
50米ドルを下回った場合 廃止 廃止
関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/08/11 19:55 ] United Airlines | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES