ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

Willcom D4 その2

D4を手に入れて、夜は家で無線LANがあるので、寝転がりながらニュースや株価をチェックするという願いが叶い満足していますが、昼間は、Hyper SBIとOANDAのJavaアプリで取引をするという目論みは見事に崩れ去っています。

最も大きい不満な理由が、PHSでの通信が不安定なことです。電波が悪く圏外になるということも多いのですが、アンテナは良好であるにもかかわらず、通信ができない状態が頻発します。ネットワーク接続が、ローカルのみとなってしまったり、パターンは色々あるのですが、とにかく通信ができません。さらに悪いことに接続の切断を試みると、ハングしてしまいます。ただ、W-SIMを抜き差しするとハングは解消できます。W-SIMの活線挿抜は確か規格上できたと思うので、とりあえずカバーを空けておいて、通信が途切れたら、すぐに抜き差しできるようにしています。しかし抜き差しをすると、いちいちダイアルアップ接続のポップアップなどで再接続しなければいけないのは面倒ですし、セッションが切れるので、Hyper SBIなどは立ち上げ直す必要がありますので気軽には出来ないです。OANDAはErrorの画面をOKすれば再接続してくれます。

次に不満な理由は、突然リセットやブルースクリーンになることがあります。理由は分かりませんが(W-SIM周りの割り込み信号が熱暴走で誤動作するのかなぁと思い、エアコン吹き出し口で冷やしてみたりしていますが効果の程は分かりません。)、取引入力中にリセットされて、長いVISTAの再起動時間を待っていたら相場が変わっていたりでストレスが溜まります。

というわけで、出先で株やFXをD4でやろうと検討されている方は、少し待ったほうが良いかもしれませんね。
関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/08/08 16:22 ] Willcom D4 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。