ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

少額輸入貨物に対する簡易税率

一般貨物か郵便小包の場合、課税価格の合計額が10万円以下の場合には、簡易税率が適用されます。品目分類は一般の関税率の場合数千ありますが、この場合7区分で税率を確定します。

少額輸入貨物に対する簡易税率表
品目〔具体的な品目例〕関税率
1酒類
(1) ワイン
(2) 焼酎等の蒸留酒
(3) 清酒、りんご酒 等

70円/リットル
20円/リットル
30円/リットル
2トマトソース、氷菓、なめした毛皮(ドロップスキン)、毛皮製品 等20%
3コーヒー、茶(紅茶を除く)、なめした毛皮(ドロップスキンを除く) 等15%
4衣類及び衣類附属品(メリヤス編み又はクロセ編みのものを除く) 等10%
5プラスチック製品、ガラス製品、卑金属製品、家具、玩具 等3%
6ゴム、紙、陶磁製品、鉄鋼製品、すず製品無税
7その他のもの5%


課税価格が1万円以下の場合、酒税、たばこ税、たばこ特別消費税は免除になりませんが、原則として、関税、消費税および地方消費税は免除されます。革製のバッグ、パンスト・タイツ、手袋・履物、スキー靴、ニット製衣類等は、課税価格が1万円以下であっても関税等は免除されませんが、ギフトとして贈られたものであれば課税されません。

個人的使用の目的で輸入する貨物の課税価格は、個人用品特例として、海外小売価格に0.6を掛けた金額となります。その他の場合の課税価格は、商品の価格に運送費と保険料を足した金額です。

関税率とは別に内国消費税と地方消費税が別途課税されます。無税のものについても内国消費税と地方消費税が課税されます。

郵便の都合上複数個口になる場合、この合計が課税価格となります。

次のものは、簡易税率は適用されず、一般税率となります。

  • 米などの穀物とその調製品
  • ミルク、クリームなどとその調整品
  • ハムや牛肉缶詰などの食肉調製品
  • たばこ、精製塩
  • 旅行用具、ハンドバッグなどの革製品
  • ニット製衣類
  • 履物
  • 身辺用細貨類(卑金属製のものを除く)

例えば、税率が高い革靴などを輸入する場合、一度知人などを経由してギフトとして送ってもらえば課税されないですよね。送ってもらうときには、Giftと書いてもらいましょう。

実際は、郵便小包の場合は、どの品目で課税されるかは、あまりよく見ていないのか結構適当だったりしますね。少ない税額でラッキーと思うことも少なくありません。
関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/07/10 16:49 ] 個人輸入 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。