ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

新興国通貨は今はドルストレートで持つべき

新興国通貨急落中、更に円高に注意」に書いた通り円高でクロス円では新興国通貨はかなり下がってきていますね。今日は円安に振れていますが、円高トレンドの中の調整と考えたほうが良いです。クロス円でポジションを持っている方はドルストレートに切り替えるか、ドル円を売っておきたい局面ですね。

トルコリラはドルストレートでみると去年の9月頃からレンジ相場で大きな動きはないですが、ほかの新興国通貨が下げている中、利上げしなくても特に下げていないところを見ると今の水準が底なのかなと思います。2.90をまず切れるかどうかがポイントとなります。また2.81を切ってくればリラ高にトレンド転換すると思います。ただクロスユーロ、EURTRYは2015年一月からリラ安相場が続いていて継続中のように見えます。ここのトレンドが変わらないとドルストレートでもリラ高トレンドとはならないかなとみています。利上げがカギを握っていますね。

南アフリカランドは2011年から順調なランド安相場が今も継続中ですが、今は明らかに売られすぎとも言える状況です。ですがその背景には財政不安があります。格下げリスクが高いのですが、最近の金価格上昇は明るい材料になりそうです。利上げの影響もありますが、最近の持ち直しは金相場の影響が強いと思います。まずは15.4付近を超えてくること、14を下回れれば良いですが、途中で跳ね返される可能性もあるかと思います。

メキシコペソは流動性からリスクヘッジ対象となり原油との連動性が強い状況になっていますが、株価は全く下げていないし経済は堅調ですので、不均衡が是正される可能性が高いとみています。2月4日に利上げが行われなかったためペソ安をメキシコ政府が容認しているかのように良いように売られている状況ですね。ただ原油価格が下がるようだと、まだまだ下がる余地があると思います。

ドルストレートで見るとこのようにそれぞれの通貨によって動きがこれから違ってくると思います。しかしクロス円で持っているとドル円相場に引きずられて下落するリスクが高いです。新興国通貨をロングする場合はドルストレートにしたほうが良いです。ただ日本のFX業者はドルストレートをあまり取り扱っていなかったりしますね。海外FX業者は当然ドルストレートを扱っています。例えばXMはUSDTRY, USDZAR, USDMXNどれも扱っていますし、個人的に怖くて手が出せないルーブルもあります。海外のFX業者に口座をお持ちでなければ、この機会に海外のFX業者で取引を始めるのもよいと思います。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/02/15 14:43 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。