ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

明日のFOMCで空気を読んだコメントが出るか

株も為替も原油も予想していた通り一旦反発の展開になっていますが、戻りがちょっと弱いですね。今回の中国の株価下落や原油価格の暴落は昨年12月16日のアメリカの利上げが発端と言ってよいと思います。0.25%利上げの破壊力は凄まじいものだというのが立証されたのかと思います。今年もアメリカは利上げが数回ある見通しですから、利上げを続ける限り今回のような株価や原油価格の暴落は続くだろうとみています。ただインパクトは徐々に小さくなると思いますが。

17500付近だったダウ平均は、利上げで16000から16500程度に居場所を変えたことになったと思います。これくらいじゃアメリカの景気には影響しないので、アメリカだけを見れば利上げにより好景気が終わってしまうことはなさそうですね。ある意味利上げは成功だったといえます。

しかし世界的にみるとアメリカは空気を読んでいないというか、特に中国や他の新興国にとっては最悪の展開になったのかなと思います。あっという間に弱気相場が蔓延して、株価や新興国通貨も大暴落したり踏んだり蹴ったりな状況でした。これらはすべてアメリカが自分勝手だったせいでしょう。

明日の朝にFOMCがありますが、そこでハト派なコメントが出ればよいですが、タカ派なままだとちょっとよろしくない状況になりそうです。今回は空気を読んで欲しいと思います。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/27 12:36 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。