ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

メキシコペソが最安値更新

メキシコペソが売られていますね。昨晩USDMXNは18.71を付けました。今年に入って7%程下がっています。でも昨晩急落が落ち着いたのを見てUSDMXNの売りポジションをとりました。実はセリクラっぽいのを待っていました。今朝は少し戻ってきましたね。こういったときはすぐに利確しないといけないのですが、しばらく持っておこうと思います。

メキシコペソが売られている理由は、今世界で株が売られている理由と基本的に同じだと思います。中国の景気減速具合が思いのほか早いかもしれないということと、終わりの見えない原油安により、リスク回避が加速しているということでしょう。でもメキシコペソは単純に売られているのではなく、新興国の括りで、流動性の高いメキシコペソを売ることでヘッジとしてリスク回避を行う対象にされているに過ぎないと思います。。

アメリカ経済は好調ですが、隣のメキシコはアメリカの工場であり地理的にも有利ですし、ファンダメンタルズは悪くないです。弱気相場が終われば一気に値を戻す可能性が高いと見ています。でもこの弱気相場は始まったばっかりですから、まだまだ続くとなれば、もっと売られる局面もあるかと思います。ただそろそろ新興国の利上げムードが出てもよいかなと思います。19日にトルコは大方の予想通り利上げしませんでしたが、メキシコは2月4日に政策金利発表がありますが、3.25%から3.5%への利上げを期待します。まだまだ利上げ余地は大きいかと。また旧正月を前に過剰に売られている中国株式も、2月中旬以降の旧正月明けからの買い戻しに期待します。ですので、この1,2週間で打診買いという名のナンピンを何回か入れてから、2月相場をみて損切りするかは決めたいです。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/21 12:45 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。