ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

ベアマーケットだがWTIがなかなか20ドル台にならない

WTIは未だ30ドル前半に居ます。こういった市場環境だと投機的に売りが出るはずであっさり割り込むと思っていたのですが、どうも30ドル付近での買いが多いのかここら辺でうろちょろしています。

サウジアラビアとイランの緊張が高まっていますが、これが下げを抑制しているのかもしれません。でもこのサウジアラビアとイランのいざこざはやらせ感があって、実際にマーケットの反応は薄かったですね。

アメリカは今まで原油の輸出ができなかったわけですが、去年の12月に解禁になりました。シェールオイルの過剰供給によってだぶついていたアメリカ国内の在庫も輸出により需給が改善に動き出していると考えれます。まだ輸出環境が整っているわけでもないので在庫自体はすぐには減らないと思いますが、マーケットは先に行くのが常ですので、そろそろ兆候が出てくるころかなと思います。

昨日のEIA週間在庫統計は原油は予想より増加が少なく23万4000バレル増加、クッシング在庫は9万7000バレル増加でした。まだまだ在庫過剰ですね。実際にこれが減り始める時には原油価格はすでに上がっていると思います。

シェールオイル業界も淘汰が進んでいますので、そろそろバランスして原油相場が落ち着いてもよい時期なのかもしれませんね。またStandard Chartered Bankのアナリストが10ドル台になるとか言い出していますので、そろそろ底は近いのかもです。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/14 11:57 ] コモディティ | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。