ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

FOMCは誘導目標を0.25%引き上げてゼロ金利解除

FOMCが市場の予想通りFF金利の誘導目標を0.25%引き上げて、0.25-0.50%となりました。ゼロ金利が解除されました。といっても織り込み済みなので、市場の反応は限定的ですね。為替も発表後は動きましたが、発表前の水準に戻るパターンになっていますね。これで大きな流れが変わるわけではないですね。アメリカ以外の国にとってはマイナスに作用していくでしょう。

これからの利上げのペースは緩やかかというとそうでもないんではないかと思います。ただアメリカの景気の良さが世界に良い影響を与えてくると考えます。まずはコモディティ、今かなり安値圏にあるわけですが、来年は徐々に上昇するとIMFも予想していますし、新興国には追い風が吹くと思います。ただ金利上昇が懸念です。金利の上昇ペースが景気回復のペースより速いと思うので、追い風にうまく乗れない国もいっぱいありそうですね。例えばブラジルは危険な状況ですね。下手すると新興国全体の足を引っ張る可能性があります。でも2016年は基本は新興国にブル姿勢で、特にメキシコペソのポジションを増やしていこうと考えます。

今回のゼロ金利解除で懸念は実は日本です。アメリカは利上げに耐えられるでしょうが、日本は厳しいと思います。債券相場は連動します。日銀が買い支えていないならば、今頃国債相場は暴落しています。今日も日銀が馬鹿みたいに買い支えているのであまり下落はないですが、将来を考えるとかなりやばいです。来年も日本国債の格下げがあることでしょうし、中長期的に更に円安方向に考えますね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/12/17 11:57 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES