ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

今晩のCPIとFOMCに注目

今晩日本時間夜9:30にアメリカのCPIの発表が、夜中3:00にFOMC議事録が公表されます。9月に利上げ派が多数を占めているのが現状ですが、CPIの動向が利上げ時期に大きな影響を与えますので、今回のCPI発表をみんな待っている状況で、場合によっては大きく動く可能性があります。

CPIの発表によって、ドル円は単純に反応すると思いますので、今晩は簡単な相場になりそうでチャンスです。CPIの予想は0.2%です。これより弱いとドル売り、強いとドル買いです。ドル円のチャートを見れば、何度も125円付近で押し戻されている状況から、どちらかというとドル売りの方向の結果になると見ていますがどうでしょうか。

FOMC議事録発表は言い回しで相場が振れるのですが、CPIで動いたら一旦FOMC発表前にポジションを外すのが良いと思いますね。ただCPIが弱く、慎重な表現がされていたならば、一気に円高に動くと思います。また逆もありますが、逆はそれほど大きく動かないのではと思います。でもそうはっきりした相場にはならないと思うので、細かく売買して対応しようと思います。

前回流れが変わったとしていた一応トルコリラをフォローしておくならば、そろそろ来るところまできた感があるので、リラ売りは解消、買いに備えるタイミングになったとしておきます。背景に政治不安とかアメリカの利上げ観測とかなかなか利上げに踏み切れないトルコ中銀など色々ありすぎて難しいのですが、基本的にトルコ経済は悪くなくて買い姿勢を基本にするのはあると思いますが、敏感にポジション調整が必要ですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/19 11:13 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。