ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

原油価格操作で世界経済は混乱か?

日本時間18日午前4時にFOMCの政策金利発表がありますね。何も無ければfor considerable timeという表現が削除される見通しだったと思うのですが、どうやらマーケットはNoと言っているようですね。

諸悪の根源は、度々取り上げている原油価格にあると思います。原油価格の低下が、ロシア・ルーブルに飛び火し、新興国通貨にも影響し、リスクオフを起こしていると思います。このままFOMCが自国だけを向いてゼロ金利を早期にやめることになれば、相当の混乱を覚悟しないといけないかもしれません。

想像ですが、意図的に原油価格が下げられて、インフレリスクが少なくなることで、利上げを急がなくてよい状態を作り出そうとしたけど、原油価格が下がりすぎて、ロシアとか新興国にとばっちりが行ってしまって、下手すると世界的に不安定な状態を作りかねない状況に陥ってしまっているように思います。またはアメリカがロシアを潰そうとしているとも考えられたりしますが、副作用を考えるとリスクが高いのでちょと無いかな。

下手するとまたドミノ倒しのように世界経済が崩れる瀬戸際のような気がしますが、裏を返すと原油価格を操作すれば世界経済を混乱に陥れることができてしまうということでしょうか。改めてマーケットのリスクを考えさせられます。最近30ドル台とかという声も聞こえてきますがそうなったときのパニックは半端なさそうです。世界の安定のために適正な原油価格に戻ることを望みます。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/12/17 21:13 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。