ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

引き返すことのできない道

米国債投資にはリスクがないという前提が、今月もろくも崩れ去る可能性がわずかながらあります。10月17日にも16兆7000億ドルの債務上限に到達する見通しのようですね。正確には読めないはずですが、民主・共和両党の対立が続くと今月中にアメリカがデフォルトということになるんでしょうかね。

米国債利回りをみると落ち着いたものです。当然債務上限引き上げが行われることも、もしものリスクもすでに織り込まれているんでしょうね。ただ予想以上に混乱しチキンレースのようになってくると、債券相場は素直に下落しそうですね。

最近、日本と米国の債券相場の相関性がなくなってきています。これははっきり言って不自然な感じがします。原因はもちろん異次元緩和による大量の国債買い入れを日銀が実施しているからでしょう。国債の金利は実際よりも低く抑えられていますので、国債を買うよりも、株式投資にまわす方が有利なんでしょうが、でも下がらないと分かった国債を買う方が確実に儲かると銀行は考えますよね。

日本には政府の債務上限がないんで、アメリカのように政治でもめるリスクが少ないので、当面日本国債は米国債よりも安全と言えると思います。実は今日本国債には色々な条件がそろって買いが集まっている状態だと思います。ただこの状態は長くは続かないと考えています。

もしもこの状態が長く続く場合は、インフレにもならず、株価も低迷し、アベノミクスが失敗に終わることを意味すると思います。でもアベノミクスが失敗に終わることは世界が許しませんから、もうとことん前に進むしか道は残されていないんですよね。あとはこの道を日本が一丸となって日本が壊れる前に短期間で通り抜けるしかありません。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/07 12:39 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。