ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

アメリカのガソリンスタンド

アメリカも日本と同じでセルフサービスとフルサービスのガソリンスタンドがあります。圧倒的にセルフサービスが多いですね。日本でセルフサービスが普及して、自分でガソリンを入れるのは慣れていると思いますが、少し勝手が違いますのでまとめます。

1. ガソリンスタンドを探す
レンタカーのリターンの時とか、空になりそうなときになかなか見つからないのがガソリンスタンドですね。少し慣れてくると値段が気になります。レンタカーは一番安いレギュラー(Unlead)で十分です。看板で値段を確認するのですが、1ガロン(約3.8リットル)あたりの値段です。安いところを見つけたいですね。

2. 車を給油機の前に止める
日本と同じですね。アメ車の場合、給油口を開けるレバーは付いていない場合がほとんどで、自分で手で開けます。キャップもYANASEの車と違って鍵が付いていません。エンジンを止めてキーを抜きます。

3. 給油機のナンバーを確認してオフィスへ
以前は日本のクレジットカードを機械に通せたのですが、今は大体Zip Code(郵便番号)を入れる必要がありますので、日本のクレジットカードは機械に通せないです。オフィスに行って店員に番号を告げます。
クレジットカードで満タンにしたい場合は、その場では値段が決まらないので、クレジットカードをオフィスで預かることになると思います。これがいやな場合、とりあえず適当な額(例えば40ドル分)を清算します。現金でももちろん大丈夫です。

4. ガソリンを入れる
日本のセルフと同じようにノズルを取り、給油して、止まったら満タンです。ノズルを戻して、給油口を閉めます。

5. 再びオフィスへ
再びナンバーを告げて清算します。適当な額を事前に清算している場合は、差額を清算します。

以上です終わりです。

レンタカーを返すときは、目盛りがFULLであれば大丈夫で、Rental Car Returnの近くのガソリンスタンドに行く必要はありませんので、少し早めに見つけたガソリンスタンドで給油を済ませて、安全運転を心がけましょう。
関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/06/22 22:27 ] レンタカー | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。