ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

RIM株価急落

いちブラックベリーユーザである私として、6月28日に発表された決算はショッキングなものでした。投資家目線では競合が強すぎるのでRIM株はとても買える状態ではなく、一株も持っていないので株価が19%下落しても構わないのですが、残念ながら企業存続の危機的状況にあると考えます。

Research In Motionは無借金企業で現金も結構持っているので、簡単には潰れないはずですが、このまま現在の延長線上のBlackBerry 10をリリースしたとしても、状況は何も変わらないでしょう。ファンとしては寂しい限りですが、買収されてしまうのが結末のような気がします。そういった意味で株価は十分下がっていますので、そろそろ買収を見込んで打診買いはあるかなとも考えています。

BlackBerryという製品は、デバイス単体だけでなくネットワークを有機的に結合することでユーザに高い価値を提供することに成功しました。そのことが企業ユーザ中心に受け入れられた理由だと思います。これは今でも競合であるiPhoneやAndroidでは実現できていません。

私は携帯で文書を入力することも多いですが、他の携帯のフリック入力なんかよりもBlackBerry Boldのキーボードが断然効率的です。iPhoneのデザインは我慢できなくはないですが、Android携帯のデザインはどこも今一つというか正直ダサいですよね。その点BlackBerryのデザインはダントツに洗練されていると思います。このようにBlackBerryのハードウェアは競合と比較し優位な点が多いですね。

BlackBerryの弱点はと言えば、やはりOSでしょうか。ある意味一日の長は今でも沢山あるのですが、戦略的に負けているんですよね。まあ最近は携帯がゲーム機化しているし、ゲームの性能が携帯の性能的な見方も主流ですからね。仕事には関係ない華やかな機能が競合には万歳ですからね。仕事のツールであるBlackBerryは正直地味に見えます。

そんなRIMですが、どうやらマイクロソフトが興味を持っているらしいです。確かにBlackBerryのOSは弱点だと思っていますが、マイクロソフトは基本的にセンスが無いので複雑な心境です。Windows 8やMicrosoft Surfaceがどれだけ考えられた商品になっているかを見極めたいと思いますが、買収するのであればBlackBerryに華やかさだけをうまく入れてほしいですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/02 19:43 ] BlackBerry | Trackback(0) | Comment(1) |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/07/05 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。