ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

フラット化する世界への一手は通貨安戦略

いま世界は急速にフラット化しています。地理的要因もありますから完璧にフラットにはならないとは思いますが、フラット化は確実に進行しています。フラット化する世界では市場がより効率的になります。同じ仕事を同じ納期で同じ品質でできるのであれば、より安いコストを提示するものがその仕事を勝ちとれるということです。

アジア諸国のブルーカラーの賃金が安いからといって工場を海外に移設するという時代は今も続いているのかもしれませんが、さらに今ではホワイトカラーの仕事も海外へ委託する時代になっていると思います。

日本で景気が悪く賃金が上がらないとぼやいている方は、実は円高で世界的にみると高給取りに変わっていることに気づかないといけません。同じ仕事を同じ納期で同じ品質でできるのであれば、いずれ海外の労働力があなたの仕事を奪っていきます。

この課題は先進国に共通の課題です。対策としては自らの賃金を下げて競争力を上げることが王道でしょう。でも明日から給料を20%カットしますというと大きな抵抗にあいますよね。労働者はローンの返済などもあり、賃下げにより経済はあっという間に疲弊することにもなります。しかし通貨が安くなれば、実質的な賃金は下げられます。この場合には抵抗はインフレ次第ですがすぐには起きませんし、国内経済に与えるインパクトはほとんどありません。それよりも競争力が上がることによるメリットの方が大きくなります。

欧米各国は明らかに通貨安戦略をとっています。問題は確かに存在しますが、必要以上にことを大きくして不安を煽って通貨を下げることに成功しています。もしギリシャがユーロから脱退となると明らかにユーロは高騰しますが、果たして通貨安の恩恵を存分に受けているドイツやフランスはユーロ脱退を許すでしょうか、すでに破たんしているギリシャをネタにできるだけ長く今の状態を維持したいはずです。

でもそれも見透かされて、VIXは大して反応しなくなりましたね。通貨だけ動いている印象です。みなさん至って冷静ですね。ヨーロッパはこれから緩和に向けて色々動いてくるんですかね。ヨーロッパ株が面白いかもしれません。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/17 20:19 ] 未分類 | Trackback(1) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
この記事のトラックバックURL
http://useusd.blog17.fc2.com/tb.php/272-6e376c54

管理人の承認後に表示されます
[2012/05/19 04:02]
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES