ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【Markets.com】モバイルアクセス

携帯でFXやCFDをやられている方は、ひょっとしたら少数派かもしれませんが、私には携帯でのアクセスがとても重要です。一時期Willcom D4を使ってどこでも取引が出来る環境を構築していましたが、最近はスマートフォンが普及してきたこともあって、証券会社もFX業者もモバイル環境を充実してきて、今や外出先ではBlackBerry一つで十分に取引することが可能です。

Markets.comはモバイルが最も充実しているFX業者の一つだと思います。Markets.comのモバイルアクセスは3つの取引プラットフォームを提供しています。

まず一つがMarket Mobile Traderです。HTML5のWebアプリケーションで、iPhone、Android、BlackBerry6で利用可能です。https://iphone.markets.com/にアクセスするだけで、注文やポジションの確認、残高確認などが行えます。このMarket Mobile Traderを利用するにはメタトレーダーの口座を開設する必要があります。Markets.comの場合、メタトレーダーかMarket Traderを選べますが、口座開設の際にデフォルトのメタトレーダーを選択しておく必要がありますね。

Market Traderを選んだ場合は、逆にMarket WAP Traderが利用できます。これでも十分に取引が可能です。私はメタトレーダーの口座を開いたのですが、Market WAP Traderの操作に慣れていることもあってこちらが良かったのですが、Market Traderで口座を開きなおす必要があるとのことで、このプラットフォームは利用していませんが、別のFX業者の同じシステムがi-modeからも利用できましたので、i-mode携帯の場合はMarket Traderで口座を開くことをお勧めします。

またiPhoneの方は、Market iTraderというアプリでの取引も可能です。こちらはチャートまできれいに表示できますし快適に取引が可能です。iPhoneユーザが羨ましいですね。

Markets.comのモバイルアクセスは充実してよいのですが、ミニ口座の場合毎月$20もかかります。標準口座にすることで無料になりますので、モバイルを利用される方は標準口座で口座開設したほうが良いですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/12 22:36 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。