ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

バフェットがIBMに投資

バフェットさんは107億ドルでIBM株を5%以上取得しましたね。Lubrizol(LZ)、Bank of America(BAC)ときて次はIBM(IBM)ときましたね。私もそうですが大半の方が意外に思ったのではないでしょうか。「自分が理解できない事業には投資しない」ポリシーのバフェットさんはITを理解したということなのでしょうかね。「IT企業の事業を手助けする会社」と言い訳されていますが、どちらにせよITを理解しないとと思いますが。

IBMの業績は、HPがごたごたしていることもあってか順調ですからね。IBM自体はPC事業を切り離して、ソリューションビジネスに軸足を移すなど、変革が成功している企業です。来年CEOは変わりますが、今までもそうであったように技術の進化に応じた舵取りは難しく、今後トップ次第でIBMの業績は大きく変わるのではと思います。

私はIBMが去年の6月くらいにブラジルに新たな基礎研究所を設立し、石油や天然ガスの分野を中心に、よりスマートな天然資源の発見、探査、ロジスティックスに焦点を置き、天然資源の業界の持続可能性と安全について取り組むと発表して以来、将来資源高となれば大きなビジネスチャンスがあると興味を持っていました。

しかし今年の2月にアメリカのクイズ番組Jeopardy!で、IBMのコンピュータ「Watson」がクイズチャンピオン2人を相手に対戦し勝利しましたが、頓珍漢な回答を連発するはで、インターネットに繋がっている凡人の方がはるかに上という印象が残りました。これを見てそんなものかと投資する気が失せてしまいました。でも株価はそこから絶好調だったわけですが、裏でバフェットが買っていたんですね。後悔です。

過ぎたことを気にしても仕方がないですが、今後IBMがどうかはバフェットが買うくらいですから明るいのでしょう。きっと。IBMはGTOという今後5年から10年先に主流となる技術動向の予想を毎年策定していますが、すくなくともこれくらいさらっと読めないとIBM投資に必要なITの理解に達していないと思いますがね。投資方針がぶれたか?と少し残念な気がしますが、きっと裏に確信があってのことと信じています。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/11/16 23:11 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(1) |
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2011/11/28 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。