ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【Markets.com】円口座

Markets.comでもMetaTrader4の口座で円口座が使えるようになりましたね。これで入出金の為替手数料を気にすることなくレバレッジ200倍で取引することが可能になりました。入金はクレジットカードから為替手数料を気にすることなくできるので、国内のFX業者より利便性も高いのではないでしょうか。

ドル建ての場合、日本のクレジットカードで入金すると大抵は円建て決済ですので、為替手数料を1.6%ほど取られますが、円口座にすると円での請求ですから当然こういった手数料は必要ありません。クレジットカードで300,000円入金して、取引後クレジットカードで300,000円出金した場合、かかる手数料は一切ありません。

この入出金の際の為替手数料以外に円口座の良いところは、確定申告の際の損益計算が円のまま足し算するだけで済むので非常に楽なことと、クロス円の取引がほとんどの場合は、損益が把握しやすいことにあります。

例えば、日本人だとクロス円に馴染みがありますのでクロス円中心の取引になることが多いですが、ポンド円で10,000通貨で100pips取ると10000円の利益となるのは簡単に計算できますね。ポンドドルの場合は10,000通貨で100pips取ると100ドルの利益ですが、決算時のドル円相場次第で7500円とか7600円とか利益が変わってきます。逆にドル口座の場合でドルストレート中心に取引すると損益が把握しやすいですが、クロスは把握が難しくなりますね。そういった意味でも取引通貨ペア毎に口座を設けるのも管理しやすさという点であると思います。

Markets.comの口座通貨はUSD、GBP、EUR、JPYが選べます。もちろん一人が複数口座を持つことも出来ます。CySEC配下で安心ですし、日本語サポートもありますので、国内の低レバレッジに不満であれば、まずはMarkets.comの円口座で海外FXを体験してみるのも良いですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/27 21:21 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。