ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

【Markets.com】入出金について

海外のFX業者を利用する上で気になるのがやはり入出金ですよね。入金はクレジットカードでできるところが殆どですが、出金はどうなんだろうと気になりますよね。国内FX業者だと銀行振込とかクイック入金とか銀行からの入金だけですから銀行への出金になるのでシンプルでわかりやすいですが、Markets.comもそうですが海外FX業者は複数の入金手段と出金手段を提供しています。ただし入金した分は入金した手段でしか出金することができません。たとえば1000ドルをクレジットカードで入金した場合で口座に2000ドルあって全額を出金する場合は1000ドルはクレジットカードに、残りの1000ドルは自由な手段で出金が可能ですね。

Markets.comの入金手段ですが、クレジットカード、銀行振込、Liberty ReserveとWebMoneyが使えます。Fast Bank Transferは日本の銀行は使えません。クレジットカードはVISA、Master Card、Diners Clubが使えます。JCBやアメックスは使えないですね。Liberty ReserveやWebMoneyは直接的な入出金手段がなくて、FX業者間の移動は良いのですがそれ以外は使えないかなと思いますね。銀行振込はVIPだと手数料をMarkets.comが負担してくれるのですが、ミニ口座と標準口座の場合手数料が高いですから、入金は消去法的にクレジットカードになってしまいますかね。でもクレジットカードもSBIカードでドル決済したり、アメリカの銀行のデビットカードを使ったりすることで為替手数料を無くせますので問題ないです。

入金手段最大額口座への反映
クレジットカード$20,000(7日間で)即時
銀行振込無制限5営業日
Liberty Reserve$5,0001営業日
WebMoney$5,0001営業日

出金手段は、クレジットカード、銀行振込、Liberty ReserveとWebMoney以外にもMoneybookersとNettellerも使えます。クレジットカードへの出金は、入金から1年経ってしまうと出金できなくなります。複数の入金手段を使った場合はクレジットカードからの出金が優先されます。クレジットカードの入金から1年経って出金する場合、自由な出金方法が選べます。出金はさらにMoneybookersとNettellerが使えますのでそこから銀行への出金など自由にできますので便利です。

ボーナスの出金は、1ドルにつき10,000ドル分の取引をする必要があります。たとえば100ドルのボーナスの場合、1,000,000ドル分取引を行わないとボーナス分を引き出せません。ボーナスを放棄して、残額を引き出すことは当然可能です。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/09 09:33 ] Markets.com | Trackback(0) | Comment(8) |
safecap investmentがnetellerのサービスを開始したというアナウンスをnetellerの運営元が発表したときにmarkets.comに問い合わせたときも、入出金をnetellerでする予定はないと返答されたり、いまだにHPにはnetellerに対応しているという記述はないし、クレジットカードで入金したものはクレジットの引き落とし元銀行にしか出金できないと答えたので、さらにもしその銀行がSWIFTコードがない銀行なら永久に出金できへんやないかと聞くと「SWIFTコードのない銀行なんかありえないというので、SWIFTコードのない銀行を提示してやると「そんな銀行があるとは知らなかった。その場合は、出金はできるが非常に面倒な手続きを経て出金することになる」といわれ、なんか管理人さんがのたまわれていることと話が違うんですがねえ。なんか何が何でも出金させへんでというようにしか見えないです。
こうも話が異なると胡散臭いし信用できない会社ということになりますが、加えてスプレッドはやたら広いし、レバレッジもそんなに高くないし優位性があまり感じられないのですが。
[ 2011/11/13 04:10 ] [ 編集 ]
Netellarは出金だけです。利益の出金の際にNetellarを選べます。
SWIFTコードのない銀行に出金できないのは、どこの海外の金融機関でも同じです。
SWIFTコードとは国際銀行間金融通信協会が定めた銀行を特定する番号のことですが、これを持っていない銀行は海外の送金も出来ないと思うのですが、どのようにSWIFTコードのない銀行から送金できたのでしょうか?興味がありますので教えていただけないでしょうか。でも送金できたその銀行は無責任ですね。
特にEU圏の金融機関ではマネーロンダリング関連の法律が厳しく、しかも年々厳しくなっている印象がありますね。確かIBANかSWIFTコードのない銀行に対しての送金自体禁止されていると思います。
逆にこういったところが雑な業者は法律に準拠していない恐れがありますので、利便性は高いかもしれませんが、証拠金の安全性を疑いますので、多少不便でもMarkets.comのような規制下にあるところを選ぶようにしています。
スプレッドはUSDJPYで3pipsですので固定スプレッドの業者の標準的なものだと思います。
スプレッドが狭くても滑ったりして約定力が低い場合が多いですから、一概にスペックで選べないのがFX業者ですね。
[ 2011/11/13 09:13 ] [ 編集 ]
もちろんSWIFTのない銀行から海外送金はできませんから、こんなことは起こりませんがクレジットの引き落としをSWIFTのない地銀等に設定している状況で返金期間を超過した場合の返金はどうなるんだという話です。

クレジットの引き落とし先がSWIFTコードのない地銀から引き落とされてsafecap investに送金される場合は、一年以内ならクレジットカード会社を経由して地銀に返金処理がされますが、一年以上経過後はクレジットカード会社が介在しないわけですから、safecap investはマネーローンダリングのコンプライアンスに準拠して請求書に記載しているSWIFTのない地銀に送金することになるのですが、その場合は送金しようにもできないでしょ。だから面倒な手続きが必要だといわれたのです。
結局、EUの規制で出金はムリだと言って合法的に泣き寝入りさせるつもりなんでしょう。

約定に関してはスリッページはするはストップロスからかなり不利な値決めで約定させられる場合がほとんどでしたけどね。
ま、MARKETS.comはDealingDeskシステムなので不透明であっても契約上言い値を飲むしかないのですがね。

他の業者はスプレッドが広くても、きちんとほぼ設定したストップロスの値で約定するところもありますし、スプレッドが狭くECN、NDDのシステムを採用しているのでほとんど滑らずストップロスもほぼ設定どおりのところもありますしね。

この前の為替介入後の取引(決済も含む)をキャンセル扱いにした業者もあったようです。(マリーの損失が出る懸念から?)

海外業者選びにおいては出金のトラブルと約定トラブルの二点にはくれぐれも注意しましょう。泣き寝入りしないように。

でわでわ
[ 2011/11/14 04:49 ] [ 編集 ]
クレジットカードで入金後、入金額を超えた出金や返金期限を超えての出金の場合は、自由な出金手段が選べます。クレジットカードの決済銀行である必要はありませんよ。これはどこの業者も同じですね。

まだ約定回数は数百回程度なのですが、今のところ約定に関して問題はないですね。今のところスリップを経験していません。この数か月前のボラが高いところでもスリップしなかったのでまあまあ優秀かなといった印象さえあります。今後問題があれば記事にします。

悪い点をあげるならば取引できる銘柄は沢山あるのですが、その中の一部はスワップ手数料が比較的高い、ロールオーバーする場合手数料が比較的高いということ、ですね。取引スタイルにもよるかもしれませんが、取引する前にその銘柄のロールオーバー手数料は確認はする必要がありますね。
[ 2011/11/14 07:34 ] [ 編集 ]
管理人様はおそらく上得意顧客なのでdealingdeskでスリップさせないんでしょう。ブローカーのソリューションビジネスをやっている会社の資料を見るとエゲツナイことをやろうと思えばできるらしいですけど。ただここがそのシステムを採用しているかどうかは知りませんが。

出金云々以前に人によって説明がぜんぜん違うということが大問題なのです。管理人さんの言うとおりの出金であれば何ら問題ないのは確かですが、当方に対する説明とは大きく異なってます。なぜでしょうね。おかしいと思いませんか?

このような会社をはたして信用できますか?
いざ出金する段になるとコンプライアンスを盾に難癖付けてくる可能性を容易に推測できます。検証しないので推測の域はでませんが。

ブローカーによっては規制当局に通報するぞと強く主張すればしぶしぶ応じるところもあるようです。
[ 2011/11/14 13:37 ] [ 編集 ]
ま、企業姿勢はともかく

swiftのない口座から引き落としのクレジット入金をして、返金可能期間を過ぎた後の出金については当方は入金分の金額は泣き寝入りで、それ以上の利益分については任意の出金手段で引き出し可能と理解してましたが、いつのまにか出金システムが変更になったのですね。

情報ありがとうございました。
[ 2011/11/14 13:44 ] [ 編集 ]
とおりすがりのものさん、コメントありがとうございます。

MiFIDに違反する行為があれば、CySECにすぐに報告すべきと思います。
http://www.cysec.gov.cy/contact_en.aspx
とおりすがりのものさんの言われる通りであるなら、
明らかにBest Execution(最良執行義務)に違反しています。
Markets.comはCySEC配下にありますので、直ちに報告するに限ります。

でも
http://www.markets.com/jp/about-us/regulation.html
にも書かれていますが、英国のFSAのライセンスも持っています。
これはかなり安心に値するものです。

客観的に見ても、FX業者の中では最も安心に取引できる業者の一つだと思います。
[ 2011/11/14 16:24 ] [ 編集 ]
http://yaplog.jp/heyanoseiri/

海外投資やFX、HYIP等で必須のLibertyReserveの$を販売しております。
[ 2013/02/03 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。