ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

トルコリラに注目

今トルコリラに注目しています。 トルコ中央銀行は8月4日に臨時政策決定会合を開き政策金利を0.5%引き下げ、5.75%としましたが、 最近のUSDTRYは1.7後半付近とリラ安水準で、 じりじりと安値を更新してきました。 年初からでもすでにドルに対して13%以上安くなっていますね。 なぜ安値を更新し続けているかが気になるところです。 ちなみにEURTRYは2.5付近ですが、 実は年初からユーロに対して23%以上安くなっています。

私の仮説は以下の通りです。 トルコ経済は好調で規模が拡大していて、 悪名高い失業率も改善傾向が続いていますが、 構造上輸出対輸入の比率は変わないですので、 経済の拡大にあわせ経常収支の赤字が拡大します。 しかし海外からの投資は不調で、 資本収支の伸びは経済の拡大の割りに低く抑えられています。 資本も入らず、経常収支の赤字からリラはじわじわと安くなるということです。

問題は今回の利下げです。 短期的には投機資金が引き上げられリラ安に振れるかと思います。 中期的には、 この利下げは景気減速を先読みしてのものだと思いますが、 この読みが外れた場合は、インフレと景気過熱が加速され、 バブルとなるかもしれませんね。 バブルとなれば株高となり資本収支の黒字拡大が期待できますので、 場合によっては、しばらく続いたリラ安トレンドが変わる可能性があるということです。 ということでトルコの景気動向をしばらくウォッチしたいと思っています。

USDTRYやEURTRYは、日本のFX業者での取り扱いはほとんどありませんが、 Markets.comOANDAなど海外FX業者では取引できるところが多いですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/17 16:00 ] 海外FX | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。