ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

Moneybookersの利用

これだけで大丈夫とは決して言えないのですが、個人的にMoneybookersが最近活躍しています。 一番の難点から先に言うと、少なくとも私の周りに個人でアカウントを持っている人がいない。 送金の手数料が安いのが良いのですが、 相手がいないのではどうしようもないです。 どうやらアメリカからは色々使い勝手が悪いみたいですね。 彼らからすればPayPalで十分なのでしょうね。

しかしFX業者はMoneybookersが利用可能なところが多いです。 FX業者はクレジットカードで入金とかでも、 利益分は自由な出金方法が取れますし、 クレジットカードで入金してしばらく経ってしまうと、 クレジットカード会社が返金を拒否しますので、 この場合も自由な出金方法が取れます。 そこでFX業者間での送金手段としてMoneybookersを選択します。 手数料は受領のときは無料で、送金のときに1%ですが最大0.5ユーロ(0.7ドル程度)の手数料しか取られないです。

クレジットカードや銀行からの入金はまだしていませんが、 日本からだと電子送金か、クレジットカードでできます。 電子送金は銀行で取られる送金手数料が高いですね。 またクレジットカードでの入金はキャッシングみたいなものですから、 手数料が1.9%と当たり前ですが高いです。 ということで可能性としては、先に挙げたような利益金の受け取りが主になりますね。

一方出金は安いです。手数料はシティバンクなどにドル建てで送れば、 手数料は1.8ユーロ(2.6ドル程度)のみです。アメリカの銀行も問題ないです。 ただし銀行登録は、日本の銀行を1行登録しないといけないですね。 また銀行によってはまれに入金手数料が取られる可能性がありますので、 自分の銀行に聞いてみる必要はあります。 でもPayPalと違って若干ですが手数料が取られますので、 ある程度金額がまとまってからの出金が良いと思います。

私はドル建てしか使わないのですが、円に換える場合は1.99%の手数料がかかります。 クレジットカードが1.6%程度ですから高くもなく、安くもなくといったところですね。 あと口座に18ヶ月以上ログインしないなど、使わないと一種の休眠状態となって手数料が1ユーロ(1.5ドル程度)毎月かかってしまいます。 クレジットカードとか登録していると勝手に取られてしまいそうですが、まあ手数料は安いですし、解除はログインすればよいだけですので、問題ないと思います。

あと利用枠が決まっていて、なにもしていないと少ないのですが、 住所を確かめたり、クレジットカードを確かめたり、銀行口座を確かめたりといった作業をすることで、利用枠を増やすことができます。必要に応じて確認作業をやったほうが良いですが、無理に利用枠を広げる必要もないかなといった感じです。 このようにドルでの資金移動に関して低コストで便利なサービスとして、利用価値は高いと思います。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/15 21:07 ] Skrill | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。