ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

米国債務上限引き上げ問題

ちょうど一週間後、8/2の期限に向けて米国債務上限引き上げ問題が、 ニュースで頻繁に取り上げられていますが、 この話はきっともう妥協点は大体決まっていて、 オバマ大統領は緊急演説したりと、 あたかも苦戦しているように見せているだけかなと思っています。 デフォルトするなんて選択はありえないですが、 わざと債務削減計画を曖昧にして、ドルを売らせようという魂胆かなと見ています。

アメリカがデフォルトというのはかなり強烈なインパクトのあるメッセージですが、 こういった強烈な話は実はおとりで、真にやりたいことは別にあるものだと思います。 実際に市場は一切デフォルトを織り込んでいないと思います。

じゃあアメリカは何をやりたいかですが、 まず欧州財政問題とのバランスを取りたい、 それと回復しない雇用問題から目を逸らさせることが目的かなと思っています。

ギリシャ格下げとかデフォルト確実とか、 ニュースでやっていますがユーロは売られるネタに事欠きません。 今欧州はネタの宝庫ですからね。 一方アメリカは実はドル安に支えられた企業業績が好調で、ダウ平均も順調に推移しています。 アメリカはこれを維持したいわけですが、今ドル高になるようなネタを出されると困るわけで、 じゃあというわけで、ちょうど債務上限を引き上げる必要があったし、 ちょっとゴネて、できれば格下げして貰おうかと企むわけです。 しかし極端なドル安も困りますので、バランスをとる落としどころを探る必要はあります。

また一方で、アメリカの雇用はあまり回復していないのですが、企業業績は好調です。 政治的不満が起きやすい状態を何とかしないといけないわけですが、 デフォルト回避に向けて努力している姿を見せておけば、そういった不満もしばらく抑えられるだろうというわけです。 8/2以降もこれを布石に、 歳出削減しないといけないから雇用を創出できないというロジックを振りかざしてきそうです。

というわけでアメリカにもバランスをとるオプションがいっぱいあるので、 どういったオプションを選択するかは分かりませんが、 国内産業を優先し経済を立て直すためにも、 欧州問題や国内政治不満にカウンターを当てながら、 切り抜けていくストーリーは変わらないと見ています。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/26 19:12 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(2) |
これはあるかもしれないですね。まあねじれだのなんだのというけど、結局はそれを利用した肉を切らせて骨を断つ戦略だとしても何ら可笑しくないどころかアメリカらしい策。こういうのみると日本は本当に無策に思えてしまいます。
[ 2011/07/26 21:39 ] [ 編集 ]
日本が無策なのは政治家の質の問題と思います。その点はアメリカが羨ましいですよね。
[ 2011/07/27 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。