ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

ようこそQE3

アメリカの10年国債の金利は下落傾向ですね。 もう3%を割りそうな感じです。 きっとマーケットは大分QE3に傾いているのでしょうね。 6月末でQE2は終わるわけですが、 このまま終わってしまうと需給バランスが変わりますので、 市場は織り込みにいくはずですが、 明らかに逆に動いていますので、量的緩和は継続されると見ています。 アメリカがどこまで金利を下げてくるかが注目ですね。

一方日本の長期金利はというと、 ムーディーズが格下げの見通しとか、 財政悪化とか、政治がどうしたかと言っても、 はっきり言ってほとんど関係なくて、 最近の日本の長期金利は明らかにアメリカの金利に連動していますので、 アメリカの金利動向が最も大事です。

白川日銀総裁が、日本金融学会で講演し、 「財政悪化に警鐘を鳴らすとオオカミ少年のように受け取られるが、 政府の支払い能力に対する信認は突如低下し長期金利が急騰する可能性がある」 と発言されたそうですが、 私はそんなことは関係なしに、 アメリカの金利が急騰することで、日本の金利が急騰し、 非常に深刻な事態に陥る可能性が最も高いと思います。

QE3は今の日本経済にとって、 危機的状況に陥らないための保険の意味でも必要なことだと思っていますが、 更なる円高日本株安を招きやすいのでマイナスだとも思います。 新興国を含め全世界で見ると、問題は大きいですね。 でもアメリカは自国の利益が第一で、 全世界のことを考えてくれるかは疑問ですからね。 現状からすると、とりあえず私はQE3があるものだと思っておきます。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/05/31 20:43 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(1) |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/14 19:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。