ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

バイナリーオプション取引方法

一口にバイナリーオプションといっても、実は色々あります。 現在のところ国内だとIGマーケッツ証券が提供しているバイナリーオプションしかないようですが、 これが一般的なバイナリーオプションと多少異なるので、ややこしくなっています。

まずは一般的なバイナリーオプションの取引方法は3種類あります。

  1. ハイ/ロー(High/Low)
  2. ワンタッチ(One Touch)
  3. 境界

ハイ/ローは、現在の価格よりも終了時刻においてマーケット価格が高くなっているか、低くなっているかを予想するものです。 例えば、11:45時点でUSD/JPYが83.5で、リターン率が80%で終了時刻は12:00、ハイを100ドル買うとします。 11:55ごろUSD/JPYが83.35となりましたが、12:00に無事に83.55となったとします。 終了時刻でのマーケット価格が83.5より高い値ですから予想が当たりましたので、 リターン率80%ですので100ドル×0.8の80ドルが利益として、180ドル払い戻されます。

ワンタッチは、終了時刻までにターゲット価格に一度でも達する(タッチ)か、達しないか(ノータッチ)を予想するものです。 例えば、11:45時点でUSD/JPYが83.5で、ターゲット価格が83.4、リターン率が65%で終了時刻は12:00、タッチを100ドル買うとします。 11:50にUSD/JPYは83.4となり、この時点で利益確定です。 リターン率65%ですので65ドルが利益として、165ドル払い戻されます。 タッチはこのように終了時刻を待たずして利益が確定されますが、ノータッチの場合は最後まで分かりませんね。

境界は、終了時刻に上位ターゲット価格と下位ターゲット価格の間にマーケット価格が収まっている(イン)か、収まっていない(アウト)かを予想するものです。 例えば、11:45時点でUSD/JPYが83.5で、上位ターゲット価格が83.6、下位ターゲット価格が83.4、リターン率が70%で終了時刻は12:00、インを100ドル買うとします。 11:55ごろUSD/JPYが83.35となりましたが、12:00に無事に83.55となったとします。 終了時刻でのマーケット価格が上位ターゲット価格83.6と下位ターゲット価格83.4の間に収まっていますのでインとなり予想的中です。 リターン率70%ですので70ドルが利益として、170ドル払い戻されます。

すべてのバイナリーオプション業者で3種類を扱っているわけではなく、ハイ/ローのみのところもあります。 基本はハイ/ローで、ワンタッチや境界は取引銘柄が限られているケースが多いですね。 国内業者のIGマーケッツ証券が提供しているバイナリーオプションは、 一つの取引銘柄にラダーといって複数のターゲット価格から選んでハイ/ローを予想するもので、 すこし特殊で分かりづらいですが、 海外で一般的なバイナリーオプションはこのようにシンプルなものです。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/03 22:28 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。