ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

Moneybookers

最近個人間の送金にPayPalは手数料が高くてあまり使えません。 海外から3000ドル受けとると、117.30ドルもの手数料がかかります。 ちょっとやりすぎと思いますね。 ということで、小切手郵送に戻って極力使わないようにしていましたが、 電子送金に慣れてしまうと、どうも面倒なんですよね。 となると次の候補はMoneybookersかなと思います。 Moneybookersは海外FXではPayPalよりもメジャーだと思いますし、 送金手数料が安いのが良いですね。

Moneybookersは英国の会社で、FSAに認可された、ヨーロッパでは一般的な電子送金手段ですね。 問題はこれが日本から使えるかどうかですが、日本語を使えないくらいでほとんど問題はありません。 日本人ユーザーをもっと増やして日本語をサポートしてもらいたいですね。 今のところ多少の英語力を要します。

使える通貨は40種類以上もあり、当然日本円も使えます。 海外FX業者などは大抵ドル建てですが、両替も簡単です。 両替も1.99%の手数料だけですので、クレジットカードの両替手数料よりちょっと高い程度ですね。 海外FXがメインならば口座の通貨は米ドルが良いかと思います。

入金には銀行振込とクレジットカードが使えます。 クレジットカードでの入金の場合1.9%の手数料が取られますが、 銀行の場合手数料が無料なだけでなく、日本の銀行に対して国内送金で入金できます。 国内だと送金手数料無料が普通なので、これはとっても安いです。 あと特筆すべきことかもしれないですが、クレジットカードでJCBも使えます。 ちなみに使えるクレジットカードは、Amex、VISA、MasterCard、JCB、Diners Clubと日本でお馴染みのカードが利用できます。

出金は電信送金か小切手が使えます。それぞれ2.54ドルと4.94ドルの手数料が取られます。 日本の銀行に出金するのに手数料が少なくて済むのが良いですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/29 20:38 ] Skrill | Trackback(0) | Comment(3) |
海外送金については方法を模索していたので、参考になります。香港のHSBCと日本の銀行間で、Paypalを使えば、安い手数料で済むんじゃないかと思っていたんですが、これから研究しようと思っています。マネーブッカーズというのもあるんですね。何かの本でインドスエズ銀行がやっている電子決済サービスがあり、それが安いと読んだ記憶があるのですが。
[ 2012/08/12 01:34 ] [ 編集 ]
失礼しました。インドスエズじゃなくてロイズだったようです。Goロイズというそうです
https://www.golloyds.com/index/jp?sc_cid=TLGSS001168

私自身は使ったことがないので、なんとも評価できません。

[ 2012/08/12 07:53 ] [ 編集 ]
ASIA REIT LABOさん
ちょっと記事が古いですが、
http://useusd.blog17.fc2.com/blog-entry-18.html
Goロイズについて書いています。
Moneybookersは最近便利に使っています。
ただ高額は扱えないのがネックでしょうかね。
[ 2012/08/12 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。