ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

Alden

円高が続いていますね。 個人的には買い物天国継続中で嬉しい限りです。 ここ最近イギリスからとかアメリカからとか色々個人輸入させていただいています。 個人輸入の魅力は日本未入荷品が買えることもあるのですが、何といっても安く買えることにあると思います。 最近は品物によっては個人輸入の方が高くつくものや、 返品などのリスクを考えるとちょっとだけ高いだけなら日本で買った方が良いと思えるものなど、 企業努力が進んでいるのか、日本と海外との物価トレンドの問題なのか分かりませんが、 そういった物が増えてきていると思います。 それでも送料を含めても海外で買った方が圧倒的に安い物があります。 色々あるのですが、今回はAldenの話をしたいと思います。

オールデンとGoogleで検索すれば、色々出てくるので靴自体の詳しい説明はしませんが、 アメリカの靴のブランドです。 アメリカ製のハンドメイドなんて大体いい加減なつくりなので、 オールデンもご多分に漏れずいい加減なのですが、比較的いい加減度が低いですね。 でも丈夫なんですよね。 イタリアやイギリスには良い靴ブランドが多いですが、 個人的には丈夫で長持ちするオールデンが一番しっくりきています。 ただ年とともに靴の数も増えていくと、 ローテーションするので使用頻度が落ちていって、 丈夫さなんてどうだって良いとも思えるのですが、 そういった蓄積ができているのも丈夫さがあってこそだと思いますね。

オールデンを日本で買うと、コードバンの物ならば大体10万くらいで買えます。 日本の特徴なのか定番商品よりも別注品的な物が多いですね。 アメリカから個人輸入した場合は大体600ドルで買えるのですが、送料が60ドルと関税が必要になります。 それでも合計で6万ちょっとですね。 シューツリーなどを一緒に買うとかも考えると大分安く買えます。

個人輸入は確かに安く買えますが、靴はサイズが合わないと駄目ですよね。 個人輸入に限らず通販ではじめて靴を買うのははっきり言ってリスクが高いと思います。 当然返品交換は普通可能ですが送料を負担しなければいけないので、 買いたい靴の自分に合うサイズは調べておくことは必要だと思います。

同じブランドの靴であればサイズは全て一緒と言うわけではありません。 様々な木型(ラスト)で靴を作りますので、 それぞれのラストでサイズは違ってきます。 オールデンのラストはBarrie, Aberdeen, Plaza, Van, Trubalance, Modified, Leydonくらいで、 大体明示してありますので、それぞれのサイジングを把握しておけば通販でもサイズが分かります。 でもアメリカの靴なのでサイズが同じでも個体差が結構あるのも事実でしょう。

というわけである程度返品のリスクも考えて個人輸入はしなければなりません。 個人輸入するにも店を選ぶ必要があって、おすすめは Alden Shoes of CarmelThe Alden Shopになると思います。 どちらも日本語は通じませんが、丁寧な対応で、当然外で履いたら駄目ですが返品も問題なくできます。 ついでに通販ではありませんが、オアフに行ったら必ず寄るのがロイヤルハワイアンセンターにある Leather Soulですね。 小さい店ですが、Aldenの品揃えが多く、終始日本語でフィッティングしながら買い物できます。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/01/27 20:20 ] 個人輸入 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。