ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

サマータイム

今年は11月7日日曜日にサマータイムが終了しますね。 今週日曜日です。 Summer Timeはイギリス英語で、 アメリカではDST(Daylight Saving Time)と呼ばれていますね。

サマータイムは、日照時間が長い夏の間に時計を1時間すすめ、夕方の太陽の出ている時間帯を延ばす制度のことで、 緯度が高く夏の日照時間の長い欧米を中心に、多くの国で採用されている制度です。

夜の8時になっても、全然明るいとかという状態になるので、照明が節約できて省エネになります。 でも日常生活は混乱します。 私も日本にいるので経済指標の発表時間など混乱する時もあります。 しかし年2回気をつければ省エネになりますので、個人的にはサマータイムに賛成です。 ただ日本で採用する場合、 アメリカとズレがあると複雑になってしまうので、できればアメリカとタイミングを合わせてほしいです。

アメリカの場合、以前は4月第1日曜日が開始日でしたが、 法律の改正で2007年から3月第2日曜日午前2時から11月第1日曜日午前2時になりました。

3月の第2日曜日午前1時59分の次は午前3時になります。 この日は一日が23時間しかないですね。 そして11月第1日曜日の午前1時59分の次はもう一度午前1時になり、この日は一日が25時間になります。 寝てる間に調整される感じですね。

アメリカ全土でサマータイムは採用されている訳ではなく、 ハワイやアリゾナなど、州によっては採用していないところもあります。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/05 11:30 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。