ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

財政余地

昨日IMFより出されたレポートで Fiscal Space というのがあるのですが、 この中で特にギリシャ、イタリア、 日本とポルトガルの財政余地が最も低いということが報告されています。 反対に23ヶ国ある内目立ってよい国は韓国とオーストラリアとノルウェーですね。

このレポートで日本には財政再建が求められていますが、 世の中では民主党代表選挙が14日投票に向けて行われており、 小沢さんが勝利ということになれば、 ひょっとしたら巨額の財政出動が現実のものとなり、 いよいよ日本国債暴落の日が近づいてきたということになりそうな予感がします。 実際に債権市場は小沢さん出馬に敏感に反応しています。

日本はまさに瀬戸際に立たされているのですが、 個人金融資産が1400兆円あるといったことや、 円高傾向であるといったことで、 本当に瀬戸際なのか体感できずにいる茹でガエル状態にあると思います。

このレポートによると、2015年には債務残高のGDP比率が250%になります。 GDPが500兆円近辺のままであれば、1250兆円といったところですね。 ここからもう後10年はもたないんだということと、 この記事 にも書きましたが、1400兆円は減少するんだということを考えれば、 タイムリミットはそれほど遠くないのではないでしょうか。

一方円高ですが、決して日本が安全で円が買われているというわけではないと思います。 だれもが中期的に見て円はまずいだろうと思っていますが、 アメリカはドル安政策を行っているわけで、政策に売りなしであって、 みんな安心してドルを売って円を買っている状態だと思います。 なのでしばらく安値では円が買われて円高水準でレンジ推移するんでしょうね。

小渕政権時のように巨額の財政出動によって、 株価高騰、税収増加となるのかもしれませんので、 ぎりぎりまで浸かっておくというのもひょっとしたらあるかもしれませんが、 個人的には熱湯からはいち早く抜け出すのが得策だと思います。 円高の今、海外投資を考えるにはベストな時期が来ていると思っています。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/09/02 17:36 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。