ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

米国株のスクリーニング

株を買う場合、皆さんはどのように銘柄を選んでいるのでしょうか。 私はバフェットのポートフォリオを参考にしてみたり、 ブログなどの記事をきっかけに特定の銘柄を調査してみたりして、 良さそうな銘柄を常に研究しています。 すべての銘柄を調査できるほど時間が有り余っているのであれば良いのですが、 普通の人であれば、家族の時間や仕事などがあるでしょうから、 調べる銘柄は極力絞り込みたいですよね。 そんな時に便利なツールがスクリーニングです。 日本のネット証券の場合スクリーニング機能があったりしますよね。 米国株の場合は私はYahoo! Financeの Stock Screener をよく利用します。

Stock Screenerのページに行くと、 まずCategoryの欄のIndustryで業種を、 Index Membershipの欄で組み込まれているインデックスを指定します。 Index Membershipですが私はよくS&P 500を指定したりします。 S&P 500に選ばれているくらいだからそれなりに安心かなという程度で、 とりあえずざっくりスクリーニングするときに使ったりしますね。

Share Dataの欄のShare Priceは株価で、Market Capは時価総額、 Dividend Yieldは配当利回り、 Betaはボラタリティで例えばダウが1%動いたときにその何倍動くかで、 Betaが2ならば2%動く可能性があることを意味します。 それぞれ最大と最小が指定できます。

Sales and Profitabilityの欄のSales Revenueは売上高で、 Profit Marginは売上高利益率です。 Valuation Ratiosの欄のPrice/Earnings RatioはPERで株価収益率、 Price/Book RatioはPBRで株価純資産倍率、 Price/Sales RatioはPSRで株価売上倍率、 PEG RatioはPEG(price to earnings growth)レシオで、 それぞれ最大と最小が指定できます。

Analyst Estimatesの欄はアナリストが一株当たり利益がどれだけ成長すると予想しているかで、 Est. 1 Yr EPS Growthは一年後で、 Est. 5 Yr EPS Growthは五年後です。 Avg Analyst Recは買い推奨(1)から売り推奨(5)まで指定できます。

Results Display Settingの欄は結果を表示する際に、 どういったデータとともに表示するかを指定します。 Actively Screenedにしておけば、指定したデータとともに表示されます。 ShareにすればShare Dataの値が表示されるようにそれぞれの欄のパラメータが表示されます。

最後にFind Stockを押して、結果を表示させます。 個人的にスクリーニングだけで株を選んで成功したことはありませんが、 調査する銘柄を絞り込むのに便利なツールだと思っています。 こういった目的にはYahoo! FinanceのStock Screenerは十分な機能で便利に使わさせていただいています。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/25 18:02 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。