ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

証拠金規制

国内のFX口座も複数開設しているのですが、証拠金規制対応の案内メールが続々と着ていますね。 平成22年8月1日より証拠金規制が施行されてしまいます。 といっても今回はレバレッジ50倍の規制で、 1年後にさらにレバレッジ25倍に落とすことが義務付けられています。

個人的感覚ですが、50倍程度であれば別に問題ないレベルだと思います。 通常の取引でストップロスをどれくらいに設定するのかスタイルによって違うと思うのですが、 私の場合GBPJPYとかだと30pipsくらいにストップを置く取引をよくしますね。 とはいっても一発勝負というわけではないので、 30連敗くらいしても良いくらい口座に資金を置いておきますね。 毎回10枚で取引するとして、今までレバレッジ100倍の場合、 大体100万円くらい口座にあれば良いかなといった感じでした。 これで30連敗できます。 それがレバレッジが50倍になると、 1回の証拠金分が増えるので、25連敗までできることになります。 まあこれくらいであればなんとかなるかといった感覚です。

ただ25倍になってしまうと、17連敗までしかできません。 私は良く10連敗以上してしまうことがありますのでちょっと厳しいですね。 証拠金を増やすか、枚数を減らすかになると思います。

また長期でスワップ目的で保有されている場合、 証拠金率に基づいてロスカットされてしまう恐れが大きくなります。

75円のAUDJPYを10枚保有で、100万円預け入れているとします。 単純に考えると1000pipsで100万円なのですが、 例えば必要証拠金率50%の業者の場合、 レバレッジ100倍であれば、証拠金は75000円で37500円未満になるとロスカットですね。 ですので962.5pipsのドローダウンでロスカットされます。 レバレッジ50倍であれば、証拠金は150000円で75000円未満になるとロスカットされて、 925pipsのドローダウンでロスカットです。 レバレッジ25倍であれば、証拠金は300000円で150000円未満になるとロスカットで、 850pipsのドローダウンでロスカットとなります。 長期保有の場合ロスカットにあってしまうと、 その後値を戻しても損失が確定してしまいます。

このように業者のレバレッジが低いと急激な価格変動に対して不測の損失を被る恐れが増します。 顧客保護という面では無意味で、意味があるとすればFX業者のリスク管理の面くらいですね。 ですが取引量が必然的に減りますのでFX業者にも不利でしょう。

25倍になるのは来年の8月1日です。 海外のFX業者にはこのような規制の影響はありませんので、 開けるうちに海外のFX口座も開設しておくことをおすすめします。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/10 19:19 ] 海外FX | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。