ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

天然ガス(Natural Gas)

アメリカのエネルギー消費の約25%を天然ガスでまかなっています。 天然ガスは一般家庭や商業ビルや工場などにエネルギーを供給するために利用されています。

天然ガス先物はニューヨーク・マーカンタイル取引所で取引されていて、 単位が10,000mmBtuで、Btuが英国熱量単位というやつで、アメリカ独特の熱量を表す単位ですね。 イギリスでは使わないと思います。mmBtuは100万Btuです。 Btu自体は1ポンドの水を華氏で1度上昇させるのに必要な熱量なのですが、ピンときませんね。 1Btuが大体252カロリーらしいです。

天然ガスはパイプラインを通じて国中に運ばれています。

アメリカ国内だと、テキサス、フロリダ、オクラホマ、ニューメキシコ、ワイオミング、 ルイジアナといったところが算出量が多いです。 テキサス、オクラホマ、カンザスにまたがるヒューゴトン・パンハンドル・ガス田が有名ですね。 世界的には、ロシアが1位でアメリカが2位で、この2国で全世界の生産量の42パーセントを占めます。 まあ国土が広ければそれだけ多く取れるってことでしょうね。

天然ガスの世界消費量の25%がアメリカで消費されます。 生産量世界2位なのですが、さらにカナダから輸入していますね。

需要は冬に集中し、通常より寒い冬の場合さらに需要が増加します。 夏の間は需要が低く、特に熱い時期に需要が冷え込みます。

比較的ボラタリティのあるコモディティの中でも、天然ガスはボラが大きめです。 先物はメキシコ湾周辺の熱帯低気圧に素早く反応しますし、 ハリケーンなどがきて被害が出ると価格が高騰します。 特に冬の間気候に左右されやすく、寒波が来るとたちまち高騰します。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/17 17:42 ] コモディティ | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES