ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

DRIP

Firstradeで設定できるといった説明はしたのですが、DRIPについてあまり説明していませんでしたね。 DRIPはDividend Reinvestment Planですが、配当を再投資できるプログラムのことです。 普通配当は会社から個人宛に現金が送られてきますよね。 最近は日本でも証券会社の口座に振り込まれるようになりましたね。 DRIPでは現金をもらう代わりに投資先の会社がその会社の株券を購入してそれを投資家に分配してくれます。

配当ですので当然税金がかかりますよね。 ですから税金分(アメリカに納める分)は源泉徴収されて、残りのお金で株券を買うことになります。 このとき当然ですが株数は端数が生じます。 現金は手元に1セントも入らないのですが、日本人ですから、さらに日本にも税金を納める必要があります。

日本で同じ株に配当を複利運用のように投資したいとすると、 配当が単位株に満たない場合は口座に置いておく必要がありますし、 さらに買うときに売買手数料がかかりますよね。 DRIPの場合、配当は税金を引いた額の分だけ手数料なしに株買うことができます。 このように小口投資家にとってDRIPがいかに資金効率が良いかわかります。

Firstradeは確かに簡単にDRIPの設定ができますが、 本来は証券代行会社(Transfer Agent)を利用したり、 場合によっては直接会社とやりとりします。 その場合初期投資も証券代行会社に口座を開いて直接小切手を送って行うことができて、 配当の再投資以外にも直接小切手を送って買い増しすることもできます。

まずは投資したい会社のシンボルを調べて、 directinvesting.com にいって、Find DRIPとある所にシンボルを入れて検索します。 そうすると最低投資額(Minimum Investment)や年間最高投資額(Maximum Investment)などが表示されますが、 Additional Informationの欄のTransfer Agentを選択して、どこの証券代行会社を使っているか調べます。 あとは該当する証券代行会社のページで口座開設手続きをします。 W-8BENの送付を忘れないようにしたいですね。

と書いたのですが、私はまだ証券代行会社を利用してDRIPを行っていません。 結局売るときの手数料が高かったりで、気軽に売れないこと、 指値など指示ができないこと、小切手を送る手間などから、 結局FirstradeでDRIPするのが私の投資スタイルでは楽で融通が利くので、もっぱらこちらを利用しています。

ドルコスト平均法を利用して、 毎月少額買い付けるといった使いかたであれば、 手数料を大きく抑えることができますので、 投資方法によって使い分けたいですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/09 20:58 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。