ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

アメリカのATM

私はアメリカ旅行の際に日本からドルをほとんど持ち込まないことが多いので、 アメリカでATMを利用することになります。 アメリカに銀行口座があれば当然ATMを旅行中利用することになると思いますし、 日本のクレジットカードでキャッシングすることもできますね。 日本もそうですが、アメリカではATMが至る所にあります。 屋外におもむろに置いてあったり、かなりちゃちなものもあったりして、 そこら辺は日本とは違いますね。

ATMによって細かな使いかたは違うので、大体の流れを書きます。

  1. 最初にカードを読み込ませます。 読み込ませ方は日本のようにカードを挿入するものがほとんどですが、 中にはテープ部分をスライドして読み込ませたりもあり様々です。
  2. 次にPIN(暗証番号)を入力します。入力してEnterを押すと認証があるのかちょっと待ちます。
  3. レシートが要るかどうか聞かれたりしますね。
  4. 取引種別を選びます。引き出し(Withdrawal)を選択します。 アメリカの場合残高確認(Balance Inquiries)は他行の場合は無料じゃありませんので気を付けましょう。
  5. 口座の種類を選択します。銀行のATMカードであれば、CheckingとSavingsが選べたりしますね。 クレジットカードの場合はCreditが選べると思います。
  6. 希望の金額を入力します。大抵20ドル単位です。 いくらまで下ろせるか書いてあったりしますので確認して入力します。 よくFast Cashの設定があって、20、40、60、100、200、300とか選択するだけもあります。
  7. ここで現金がでてきます。
  8. 最後に引き続き他の取引をするか聞かれたりします。 Noで、飲み込まれるタイプであればカードとレシートがでてきます。

利用するときにはどこが提供しているATMかは気になります。 ATMの上にロゴが入っていますので確認してから使いたいです。 自分の銀行のATMの場合は、夜中だろうと手数料がかかりません。 入金手続きもできたりします。 自分の銀行以外の銀行のATMですが、 出金とあわせて2ドルくらい余分に手数料が請求されます。 他行からの出金があると2ドルくらい自分の銀行でも手数料が請求されます。 最後に銀行でない業者の場合、大抵3ドルくらいの手数料が請求されます。 自分の銀行でも手数料が引かれますのであわせて5ドルくらいの手数料になります。

限度額ですが、一回の出金で可能な額が200ドルから600ドル程度で、ATMによって異なります。 日本人の感覚では少ないですね。 銀行のATMカード自体も大抵1日500ドルまでとか制限がありますので気を付けましょう。 例えば1回300ドルしか下ろせない他行のATMの場合、 手数料もありますので、480ドルしか1日に下ろせません。 ATMが300ドルまでなので、2回取引を行わなくてはいけませんが、 手数料込で一回目が302ドル、二回目が182ドルで484ドルですね。 2回目が202ドルだと504ドルでATMカードの制限を上回るからです。

安全性のため一度に沢山の現金を下ろさないで、 旅行中つい何回もATMに駆け込むケースがありますが、 他行のATMなどを沢山使うと手数料がかさむことになります。 自分の銀行のATMの場所を把握したり、 計画的にまとめて出金して、手数料を低く抑えたいところです。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/04 19:43 ] アメリカの銀行 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。