ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

アメリカから日本への少額送金

アメリカで投資している運用益を日本に引き上げる場合、 運用先から電信送金で直接日本の銀行に送金したり、 アメリカに銀行口座を持っているのであれば、 一旦銀行口座に資金を移して、そこから電信送金したりするのが一般的でしょうか。

ただこの方法だと、まとまった金額であれば良いのですが、 数万円程度を引き上げる際には手数料が大きく感じますね。 それくらいであればATMカードやデビットカードを利用するのが便利だと思います。

ATMカードやデビットカードは、アメリカの銀行口座を開くと自動的に発行されます。 Checking Accountであればデビットカードがもらえますね。 証券会社でもデビットカードを発行してもらえるケースもありますね。 AVA FX のようにプリペイドのデビットカードを提供している場合もあります。 Nettellerでもプリペイドマスターカードを提供していますね。

このようにATMカードやデビットカードはいろいろと手に入れることができますが、 この中でお勧めはやはり銀行のカードです。 プリペイドのデビットカードは入金時に手数料を取られたり、 使うとわずかですが手数料を取られたりしますし、 証券会社のデビットカードは、 まず作るのに最低預け入れ金額などの縛りが大抵あるために敷居が高いです。 銀行であれば、証券会社からはACHで送金したり、小切手を送って入金したり、 PayPalで出金したりと、口座に資金を移す方法が豊富ですし、 手数料の面でも割安ですね。

しかし問題はアメリカの銀行口座開設が面倒なことでしょうかね。 日本に居ながら口座を簡単に開けるのは Union Bankです。 あとは Pacific Rim Bank がサイン認証が必要ですが郵送で口座開設できます。

銀行のATMカードでも、プリペイドデビットカードでも、 海外発行のカードになりますので、日本で出金する場合は対応したATMで行わなくてはいけません。 確実なのはゆうちょ銀行のATMです。 ゆうちょ銀行のATMではInternational ATM Serviceという、 海外の金融機関が発行したクレジットカード又はキャッシュカードにより現金の引出しができるサービスを行っています。 VISA、VISAELECTRON、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、American Express、Diners Club、JCB、China Unionpayのいずれかのブランドマークが付いたカードで利用できます。 残高確認などはできず、単に出金だけです。当然ですが日本円での出金です。 ATMカードやデビットカードでは大抵1日の出金制限がありますので、それ以上の出金はできません。 ゆうちょ銀行の制約は100万999円みたいですが、カードの制限の方に普通引っかかりますね。

セブン銀行のATMでは2009年12月14日より海外発行カードMasterCardブランドの利用が停止されています。 あくまで停止で、いずれ再開するものと思います。

出金すると手数料がかかるのですが、通常のATM利用の手数料と、為替手数料が必要になりますが、 数万円程度の引き落としであれば、数百円程度ですむと思います。

このようにコストが安いですのでアメリカの銀行口座が休眠口座にならないように、 定期的に少額をATMで引き落とすといった使いかたもありますよね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/20 15:56 ] 海外送金 | Trackback(0) | Comment(4) |
FXとCFDが取引できてかつMT4が使用可能な業者を探しています。OLD Japanが4pips、AVAFXが5pipsのようですが、実際に5pipsでしょうか?楽天CFDでは2pipsとさらに狭いのでその点で口座を開くべきか迷っております。
[ 2010/01/23 21:22 ] [ 編集 ]
DJ30は1pipが$1ですね。スペックは$3 over marketとなってます。
市場で1pipあれば4pipsだし、2pipsに開けば5pipsと変動することを示しています。
大抵は4pipsのようですが。

スプレッドは小さいにこしたことはないですね。
口座はいろいろ開いてみて、チャートと注文は別の業者でも良いですよね。
スプレッド以外にもいろいろな要素がありますから、
デモでもよいので実際に口座を開いてから考えるっていうのも手ですよ。
[ 2010/01/25 00:13 ] [ 編集 ]
v-4とても有用な情報が満載で助かります。
外国の銀行で、日本国内に居住する日本人が、現地に行かなくても口座開設できるところと言うと
Union Bank of Californiaしか知りませんでした。
ここは、三菱東京UFJ銀行の傘下に入ったので、三菱経由でも直接でも口座の開設が出来るそうです。
かなり前の古い話ですが、三菱に電話で尋ねたら、出来るということで資料を送ってくれました。

あと、OANDAにアメリカの銀行の小切手を郵送で送った人が居るそうです。
「まったりとOANDA」のコメント欄に書き込みがありました。
銀行渡りにした小切手を封筒に入れて普通郵便で送ったところ、切手代の110円だけで済んだそうで、入金手数料も取られず、小切手の額面が、そのままOANDAの口座に反映されたそうです。
でも、今はOANDAの送金サービスを使うしかないようですね。
あと、アメリカの銀行口座から日本の銀行口座にお金を移動するときは、自振り小切手で日本の銀行に入金できないでしょうか。
手数料が取られるかどうかは知りませんが、もし可能なら楽かなと思いました。
あとe-Checkだと、手数料の上限が650円とか聞きましたが実際はどうなのでしょうね。
[ 2010/10/05 01:29 ] [ 編集 ]
> とても有用な情報が満載で助かります。
ありがとうございます。

> Union Bank of Californiaしか知りませんでした。
Union Bank of Californiaは今はUnion Bankに変わっています。

> あと、OANDAにアメリカの銀行の小切手を郵送で送った人が居るそうです。
http://useusd.blog17.fc2.com/blog-entry-22.html
にも書きました。私ももっぱら小切手送金です。

> でも、今はOANDAの送金サービスを使うしかないようですね。
これはどういうことでしょうか。PayPalと小切手と電信入金が使えます。

> あと、アメリカの銀行口座から日本の銀行口座にお金を移動するときは、自振り小切手で日本の銀行に入金できないでしょうか。
一部の銀行は可能ですよ。
http://useusd.blog17.fc2.com/blog-entry-48.html
を参照してください。
[ 2010/10/05 08:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。