ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

バフェットの真似

尊敬する人物は人それぞれですが、 ある分野において断トツの尊敬を集める人物が居ます。 ビリヤードの世界ではエフレン・レイズ(Efren Reyes)ですが (ゴルフではタイガー・ウッズ、とは残念ながらもういかないですね。)、 投資の世界においてはウォーレン・バフェット(Warren Buffet)がそのひとでしょう。 もちろん私の尊敬する投資家のひとりです。

私もバフェットの投資のノウハウを少しでも学ぼうと、 彼に関する書籍をそれなりに読んできましたが、 まだ読んでいない書籍もありますし、 さらに次から次へと出版されてしまいます。 それくらい沢山のバフェットに関する書籍は存在します。 バフェットが偉大な投資家であることは、本の数からも解かりますが、 パフォーマンスが示していますので誰も否定する人はいないでしょう。

長期投資家、バリュー投資家を目指して、 本を読んで彼の投資術を学ぼうと考えるのですが、 ある程度まねはできても100%彼のような投資家になることは到底無理なことに気づかされます。 一番大きなところは性格の面であったり、情熱の面であったりして、 一朝一夕にはいきません。

ビリヤードでレイズの真似をしても、現実に直面し打ちのめされるのが落ちですが、 バフェットの場合は、 バークシャー・ハザウェイ(Berkshire Hathaway)があります。 バークシャー・ハザウェイはバフェットがCEOを勤める会社で、 多くの企業を傘下に持っていてる持株会社なのですが、 この会社のポートフォリオを見れば、バフェットがどの会社に着目しているかが分かります。 ですのでバフェットのポートフォリオの真似をすれば、 バフェットのような成果をあげることは、ある程度可能ではないでしょうか。

バークシャー・ハザウェイは上場会社ですから、 決算報告書 (Annual Report)を出すのですが、 それをみるとどの銘柄を何株保有しているかが分かります。 これでどの銘柄を買えば良いのかが分かります。 後はひたすら買い場が訪れるのを待つだけです。

この買い場が難しいのですが、バークシャー・ハザウェイが株を新規に買ったり、 買い増したり、売却したりといったことはニュースになります。 このニュースをトリガーにしても良いと思いますが、 ただこれだけだとバフェットが昔から持ちつづけているような本当の優良株を買うことはできませんよね。 そこはドルコスト平均法で買っていくとか、自分の判断で買っていくことだと思います。 バフェットは絶好の買い場が訪れるケースを4つあげていますね。 相場全体の調整や暴落、全般的な景気後退、個別企業の特殊要因、企業の構造変化がそれです。 2009年はそういう年に該当したのではないでしょか。

バークシャー・ハザウェイが上場会社であるので、 そのままその会社の株を買ってしまうというのも選択肢だとは思います。 A株(BRK.A)とB株(BRK.B)とがあって普通はB株で十分なのですが、 配当はありませんし、割高な感じがしますので、個人的にはあまりお勧めしません。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/12/17 17:33 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。