ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

CashBackForex

スプレッドは少ない方が良いですよね。 一回の取引を見ると確かにわずかなコストですが、 取引するたびに積み重なっていきますので、 取引回数が多いと結局かなりの額になります。 この CashBackForex とは、 取引をするたびにスプレッドのうちの一部を現金で戻してくれるサービスです。 ですので結果としてスプレッドを少なくすることができるのです。

どうしてこのようなことができるかですが、 いくつかのFX業者では顧客獲得のために、 アフィリエイトを広告媒体として利用しています。 アフィリエイト契約で顧客獲得数が増えるとより有利な報酬がもらえることができます。 契約の種類には、CPAとかRevenue Shareとかあるのですが、 CPAの場合は口座開設後の入金などが条件で紹介料をもらえるもので、 Revenue Shareの場合は紹介した顧客が支払ったスプレッドなどの利益の一部をもらえるものです。 このRevenue Shareを利用して、その一部を顧客にキックバックする仕組みです。

ですのでRevenue Shareの契約が結べるFX業者に限られるわけです。 現在は、 ACM、FxPro、Alpari UK、FXDD、FXCM UK、 XForex、 GoMarkets、FXCBS、Dukascopy、FXOpen、 Tadawul FX、 AVA FX、 GALLANT FX、FXCM Australia、 eToro 、 LiteForex、Marketivaです。 アフィリエイト契約によってキックバックできるpipsなどが異なっているからか、 FX業者によって払い戻し内容がまちまちですのでホームページで確認してみてください。

実際に利用するためにはまず CashBackForexに登録する 必要があります。 登録は非常に簡単で、 名前、名字、ユーザ名、パスワード、確認パスワード、好きなFX業者、メールアドレス だけ入力しておしまいです。

次に、 CashBackForex にあるリンクからFX業者のページにいって口座開設します。 次に、氏名、FX業社名、ユーザ名を CashBackForex にメールします。 これで終わりです。 既に口座がある場合でも新規に口座を作らなくてはいけません。 大抵のFX業者は口座を複数持つことが可能ですが、 口座間の送金ができない場合があります。 その場合は送金にコストがかかってしまう場合がありますね。

あとは CashBackForex に残高が貯ったときに引き落とします。 PayPal、小切手、電信送金、Liberty Reserveが利用できます。 PayPalや小切手の場合手数料はありません。

FX業者以外にも、FX関連のソフトウェアなどの商品や、 Zulutrade などのサービスに対してもキャッシュバックがあります。 特に使いたいFX業者がなくても、 登録は無料で簡単ですので、とりあえず登録しておくと良いと思います。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/12/07 08:41 ] 海外FX | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。