ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

配当金にかかる税金

日本株の配当と海外株式の配当での税金で大きく違うのが、 源泉徴収と配当控除だと思います。 一般的に配当所得の場合、源泉徴収で確定申告なしか、確定申告ありを選ぶことができて、 さらに確定申告ありの場合、 配当控除をして総合課税とするか、 損益通算して分離課税とするかが選べますね。

まずは源泉徴収で確定申告なしのパターンですが、 日本の証券会社を利用している場合は20%源泉徴収されているので、 確定申告しないことが選択できます。 海外の証券会社を利用している場合は、 アメリカではW-8BENを提出している場合は、配当に対しては10%源泉徴収されていますが、 これはアメリカへの税金ですから、日本では源泉徴収されていないと考えることができます。 ですので確定申告しないことは選択できません。

つぎに配当控除をして総合課税とする方法ですが、 外国法人から受け取る配当等は配当控除の対象となりませんので、 そのまま総合課税で申告します。 つぎに損益通算して分離課税とする場合ですが、 日本の証券会社を利用している場合は、 これが選べて上場株式等の譲渡損失との損益通算ができ、 場合によって外国税控除も受けられると思います。 海外の証券会社を利用している場合は分離課税にできません。

海外の証券会社を利用している場合は総合課税だけとなりますが、 外国税額控除を受けることができます。 申告する配当所得額は、受け取った日のレート(TTB)で円にしてから合算します。 そのときアメリカの場合は10%源泉徴収後の額です。 外国税額控除を受けるには、 外国所得税を課されたことを証する書類が必要なのですが、 アメリカ株の場合1042-Sがそれになるのですが、確定申告終了間際にしか手に入らないですね。 郵送の場合は、4月になってしまいますので、E-Documentを印刷して添付ですね。 きっとそれまで待たなくてもStatementでも大丈夫だとは思いますが。 あと日本円に直すときは、申告する年の最後のTTBで良いと思います。 少額の場合の確定申告不要制度は適用されませんので、 1ドルでも申告しないといけないと思いますので、確定申告を忘れずに。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/12/04 17:53 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。