ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

外貨建取引の円換算

確定申告するためには、外貨建ての取引を円に換算する必要があります。 基本的には所得税法第57条の3にもとづいてTTM(仲値)で計算する場合や、 租税特別措置法関係通達37の10-8によりTTS(対顧客電信売相場)とTTB(対顧客電信買相場)で計算する場合などがありますね。 ここら辺はこの記事を参考にしてください。

TTM、TTSやTTBですが、 原則として、その者の主たる取引金融機関と定められていますので、 あなたの取引銀行が発表しているTTM、TTSとTTBを用いることになります。 証券会社の提供している値が必ずしも正しいとは限らないですから、 大抵は自分で算出する必要があると思います。 ホームページで日々公開しているような銀行を主に使われているのであれば、 売買した日のTTM、TTSやTTBはどこかに記録しておくと良いでしょう。 TTM、TTSとTTBは銀行に問い合わせて確認することができますが、 あまりにも問い合わせる数が多いと大変ですので、 都度記録しておく方が良いと思います。 一年分ぐらいでしたら、三井住友銀行のようにバックナンバーを公開しているところもありますね。

TTMは全ての日に発表されるわけではなくて、 営業日の10時位に公示されますよね。 厳密にはサスペンドもありますけどね。 株式の場合には、約定日なので時間まで気にする必要はありませんが、 先物やオプションでは、日本時間に直して考える必要があると思います。 そして、該当する日にTTMが発表されていればそれを、 発表されていないのであれば該当する日から遡って最も近い日のTTMを使用します。

細かい話ですが、円換算すると当然小数点がでてしまいますが、 丸め方は、基本的には取引銀行に習えば良いと思います。 銀行によって四捨五入であったり、切り捨てだったりするようですね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/11/28 17:14 ] 米国株 | Trackback(0) | Comment(0) |
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。