ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

PayPal手数料ポリシーの再変更

2009年10月14日に手数料ポリシーがまた変更になりました。 パーソナルアカウント同士で国外への送金などの手数料は変わらないのですが、 プレミアアカウントとパーソナルアカウントでの送金の手数料が、 通貨の換算が含まれていない場合は無料になっていますね。

ですので、OANDAやAVA FXなどからPayPalでの出金の場合など、 手数料がかからなくなったとおもいます。 これで、元に戻りましたね。 一時はPayPalが割高になって他の送金手段も色々検討を始めていたのですが、 これで助かりました。

Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.

OANDAからの出金は、7月20日以降は手数料がかかりましたが、 試しに11月も出金してみましたが、手数料はかかりませんでしたね。

あとは海外個人間取引を是非無料にしてほしいですね。 PayPalは頻繁にポリシー変更がありますので、 ポリシーを常に確認しておかないと、 課金されたり、アカウントを停止させられたりする可能性があります。 手軽な送金手段なのですが、こういった手間が必要になりますよね。

関連記事
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/11/26 08:33 ] PayPal | Trackback(0) | Comment(3) |
OANDAからpaypal口座へ出金しようとして、手数料のことで調べていてこのページにたどりつきました。
paypalのページを見ても、どれに当てはまるのかよくわからないんですよね。
paypalに電話で確認したら、OANDAからpaypal口座への出金は、受け取り側が手数料3.9%+固定手数料(40円といわれたが、30セントの間違いと思われます)といわれました。
また、「有料」になってしまったんですかね。
paypalにログインした後だと、手数料のページで資金の受け取りだと1.9% + $0.30 USD to 2.9% + $0.30 USDとなっています。今現在はやっぱりどっちにしても手数料がかかるってことなんでしょうか?

[ 2011/11/29 12:43 ] [ 編集 ]
narumi13さん、こんにちは

ここ最近OANDAからPayPalで出金していないのですが、一年位前は手数料は無しでした。
OANDAがMass Paymentしているのであれば今でも手数料は掛からないですが、
本当にPayPalのポリシーは流動的で良くわからなくなりますね。
実際に小額出金してみて様子を見るのがハッキリしますね。
OANDAのPayPal出金はその月の2回目から15ドルかかるので注意は必要ですが。
[ 2011/11/29 15:45 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。paypalの手数料ポリシーを見ると、この引き出しが「国をまたぐ個人間取引」にあたるとしても、0.3%は手数料がかかりそうな感じがしました。おっしゃるとおり、まず小額出金で様子をみてもよかったのですが、小切手出金にしました。出金は入金と同じ経路である必要があり、複数の手段で入金した場合は、入金額の比率が考慮されるとあったのでOANDAのchatできいたところ、「とりあえずリクエスト出して、駄目ならその旨連絡いくから」でした。今まで小切手7割、Paypal3割くらいの入金で、今回、小切手で残高の9割以上を出金依頼したんですが、リクエストが通ったようで、「残高から出金分の金額をひいたよ」と連絡がきました。しかし、paypalでしか入金してないひとは、paypal出金しかできないので、手数料かかるかどうかってかなり重要ですよね。またpaypal出金することがあったら結果報告しますね。
[ 2011/12/02 12:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
応援お願いします!
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES