ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

日本はマイナス金利時代突入

日銀がマイナス金利付き量的・質的金融緩和を導入しました。日銀当座預金に-0.1%のマイナス金利を適用し、今後必要な場合さらに金利を引き下げるとのことです。スイスとか欧州で採用されている階層構造方式を採用しています。日本もマイナス金利クラブ入りですね。早速為替は円安に反応し、長期金利も0.1%を割って史上最低0.09%へ一時下がりました

マイナス金利って想像しづらいと思いますが、極端な例としてこれが進むとお金を借りてあげると金利が貰える社会がやってきます。そうなるとまず最初に思い浮かぶのが、みんな家を買いますよね。とりあえず多額の借金をすればその金利でさらに生活が楽になる。借金して不動産投資や株式投資ということになるでしょう。間違えなく物価は上昇します。日銀は階層構造とかいって金融機関の収益圧迫を考慮しているようですけど、すでに採用しているデンマークやスエーデンの銀行は損失を出し続けています。

-0.1%くらいで短期で終わるならばあまり心配はないですが、日銀が必要な場合さらに引き下げるといっているように、どちらかというと緩和方向にまだまだシフトしていかなくてはいけない状況だと思います。マイナス金利は長期化しそうですね。

不動産を買う予定のある方は今すぐ買ったほうが良いと思います。欧州と同じようであれば年率10%程度になるかもです。J-REITへの投資も良いですね。

金融機関は文句なしの売りでしょう。マイナス金利がひどくなればなるほど収益性が下がりますので、まず売りです。長期化するとどんどん貸してしまいますが、借り手はキャパを超えて借りてしまいます。マイナス金利が終わること焦げ付きが大量に出ることになり、結局は収益を圧迫します。マイナス金利が長期化した場合は、かなりまずい状況になりますね。

まだ-0.1%は影響は小さいと思います。問題はこれからどれだけ金利が下がるのか、どれだけ続くかですね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/29 16:05 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

明日のFOMCで空気を読んだコメントが出るか

株も為替も原油も予想していた通り一旦反発の展開になっていますが、戻りがちょっと弱いですね。今回の中国の株価下落や原油価格の暴落は昨年12月16日のアメリカの利上げが発端と言ってよいと思います。0.25%利上げの破壊力は凄まじいものだというのが立証されたのかと思います。今年もアメリカは利上げが数回ある見通しですから、利上げを続ける限り今回のような株価や原油価格の暴落は続くだろうとみています。ただインパクトは徐々に小さくなると思いますが。

17500付近だったダウ平均は、利上げで16000から16500程度に居場所を変えたことになったと思います。これくらいじゃアメリカの景気には影響しないので、アメリカだけを見れば利上げにより好景気が終わってしまうことはなさそうですね。ある意味利上げは成功だったといえます。

しかし世界的にみるとアメリカは空気を読んでいないというか、特に中国や他の新興国にとっては最悪の展開になったのかなと思います。あっという間に弱気相場が蔓延して、株価や新興国通貨も大暴落したり踏んだり蹴ったりな状況でした。これらはすべてアメリカが自分勝手だったせいでしょう。

明日の朝にFOMCがありますが、そこでハト派なコメントが出ればよいですが、タカ派なままだとちょっとよろしくない状況になりそうです。今回は空気を読んで欲しいと思います。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/27 12:36 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

メキシコペソが最安値更新

メキシコペソが売られていますね。昨晩USDMXNは18.71を付けました。今年に入って7%程下がっています。でも昨晩急落が落ち着いたのを見てUSDMXNの売りポジションをとりました。実はセリクラっぽいのを待っていました。今朝は少し戻ってきましたね。こういったときはすぐに利確しないといけないのですが、しばらく持っておこうと思います。

メキシコペソが売られている理由は、今世界で株が売られている理由と基本的に同じだと思います。中国の景気減速具合が思いのほか早いかもしれないということと、終わりの見えない原油安により、リスク回避が加速しているということでしょう。でもメキシコペソは単純に売られているのではなく、新興国の括りで、流動性の高いメキシコペソを売ることでヘッジとしてリスク回避を行う対象にされているに過ぎないと思います。。

アメリカ経済は好調ですが、隣のメキシコはアメリカの工場であり地理的にも有利ですし、ファンダメンタルズは悪くないです。弱気相場が終われば一気に値を戻す可能性が高いと見ています。でもこの弱気相場は始まったばっかりですから、まだまだ続くとなれば、もっと売られる局面もあるかと思います。ただそろそろ新興国の利上げムードが出てもよいかなと思います。19日にトルコは大方の予想通り利上げしませんでしたが、メキシコは2月4日に政策金利発表がありますが、3.25%から3.5%への利上げを期待します。まだまだ利上げ余地は大きいかと。また旧正月を前に過剰に売られている中国株式も、2月中旬以降の旧正月明けからの買い戻しに期待します。ですので、この1,2週間で打診買いという名のナンピンを何回か入れてから、2月相場をみて損切りするかは決めたいです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/21 12:45 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

週明けまた南アフリカランドは暴落するか

1月11日成人の日の先週の週明け南アフリカランドは対ドルで9%程の暴落をしましたが、多くの日本人投資家の南アフリカランドロングがロスカットにあって暴落につながったそうですね。18日の今週月曜日はアメリカはキング牧師誕生日ですよね。休日つながりでまた暴落しそうな予感がしないでもないです。金曜に売って月曜買い戻すのが今回もワークするか見どころです。

でも今週はそろそろ一旦反発するかもと思ったりします。原油は29.6ドル位をターゲットにしてたと思っていたのですが、30ドルの壁が思いのほか厚くやっととってきたので、一応原油下落も一旦落ち着くのではないかと思ったりします。アメリカの連休前に頑張って取った感がありますね。ドル円はちょっと下がりすぎで118円くらいまで戻すことを想定しますが、どうでしょうか。まだ下がる場合は115円ちょうど付近に移るのかどうか。

月曜日は参加者が少ないので、中国株が下がるようだと為替も大きく下げる可能性があります。19日には中国のGDPが発表されますが、IMF基準を満たす手法での初の発表になります。前年同期比6.9%成長が予想となりますが、これよりも大きく下回る場合は株はもちろん下がるでしょうし、南アフリカランドは暴落するでしょう。まあ中国ですから下がっていても下がっていないと言い張りそうなので、そのようなことは無いと踏んでいますが。6.9%を上回って発表がされて、信憑性が疑われてマーケットが揺れるのもちょっと見てみたかったりします。

金曜日ニューヨークは一時500ドル以上、終値で390ドル下げましたが、これは中国GDP発表のリスク回避が主因とみています。とにもかくにも、火曜日北京時間10時、日本時間11時の中国GDPには注目しておきたいです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/17 09:37 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

ベアマーケットだがWTIがなかなか20ドル台にならない

WTIは未だ30ドル前半に居ます。こういった市場環境だと投機的に売りが出るはずであっさり割り込むと思っていたのですが、どうも30ドル付近での買いが多いのかここら辺でうろちょろしています。

サウジアラビアとイランの緊張が高まっていますが、これが下げを抑制しているのかもしれません。でもこのサウジアラビアとイランのいざこざはやらせ感があって、実際にマーケットの反応は薄かったですね。

アメリカは今まで原油の輸出ができなかったわけですが、去年の12月に解禁になりました。シェールオイルの過剰供給によってだぶついていたアメリカ国内の在庫も輸出により需給が改善に動き出していると考えれます。まだ輸出環境が整っているわけでもないので在庫自体はすぐには減らないと思いますが、マーケットは先に行くのが常ですので、そろそろ兆候が出てくるころかなと思います。

昨日のEIA週間在庫統計は原油は予想より増加が少なく23万4000バレル増加、クッシング在庫は9万7000バレル増加でした。まだまだ在庫過剰ですね。実際にこれが減り始める時には原油価格はすでに上がっていると思います。

シェールオイル業界も淘汰が進んでいますので、そろそろバランスして原油相場が落ち着いてもよい時期なのかもしれませんね。またStandard Chartered Bankのアナリストが10ドル台になるとか言い出していますので、そろそろ底は近いのかもです。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/01/14 11:57 ] コモディティ | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。