ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

やはり年内利上げは無さそう

今月の米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が14万2000人増となり、市場予想の20万3000人増を大きく下回りました。言えることは世界経済の低迷の影響をアメリカも受けていることと、年内利上げ派のFOMCの方々の根拠が崩れてきたということでしょうか。

これまでドル高により、物価上昇が抑えられ海外より安く入ってくる原材料により損益分岐点が低下し高い利益を上げることなどで、アメリカ経済が本来より好調であったところに、最近はドル高も落ち着き、原油価格も落ち着き、本来の経済の強さが現れてきているに過ぎないと見ています。

利上げは以前も書きましたが、CPIのほうが重要で8月は-0.1%で非常に低く、個人的には急いで利上げする意味が分からないです。イエレン議長が言うようにもしも今のCPIの低さがドル高と原油安によりたまたま起きているのであれば、10月15日のCPIは急増しているはずです。でもそうでない場合、年内利上げの根拠はまったくなくなると思います。

でもほぼゼロ金利により不健全な金融を助長することは確かに事実だし、現在の経済は健全で利上げに耐えられえるとFOMCが思っていること自体が安心感を与えるのも確かです。でもそこで無理して世界の頼みの綱のアメリカ経済が低迷することにでもなれば、かなり長期にわたる世界規模の低迷が続く事態に陥る危険性もあるので、イエレンさんには無理せず慎重にタイミングを見てほしいとお願いしたいです。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/10/04 11:49 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。