ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

原油上昇と各国CPI(消費者物価指数)の伸びに注目

原油価格は今現在は59ドル台ですが、6日には62.58ドルまで上昇しました。一時のシェールオイルからくる過剰供給状態からは脱した感がありますね。今年の安値の42.03ドルから5割近くの上昇となるわけですが、今年前半は原油安プレミアでCPIの上昇が抑えられていたわけですが、その風向きは変わったのではと思います。

これからはまずCPI上昇が顕在化するのは容易に想像できますが、それぞれの国で上昇度合いは変わってくると思います。ドル安傾向に動くことを加味するとアメリカはCPIはそれほど伸びないで、ユーロ圏はCPIが伸びて金利上昇バイアスが強くなることを想定します。日本も同様に金利上昇バイアスが強まると想定します。

ただし原油価格は急上昇となることはなく、いっても70ドル台半ばで押さえられるのではと思いますので、急激な金利上昇はないかなと思います。でも以前にも書きましたが新興国の場合はCPIの伸びは無視できないものになるかもしれません。

これからはアメリカだけではなくどの国も量的緩和解除方向へ転換しなければいけなくなると思います。夏あたり大きく動くのかもしれません。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/05/11 13:27 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。