ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

円安進行中で日本の労働コスト低下中

日本経済のことを考えてもう少しの間ドル円相場が安定してくれることを願っていましたが、今月は読み通りに円安となり109円付近となっています。きっとここら辺で一段落すると見ていますが、どうでしょうかね。日本政府とアメリカ政府の政策の差を考えれば、まだまだ円安に動きそうですが、あまり目新しいことも無いですし、そろそろ一旦落ち着くタイミングかなと思います。ただテクニカル的には、もうちょっと円安に振れてしまう余地がありそうです。ま、円安ヘッジは一旦減らしてよいかなと。

円高だった2012年ころ日本人労働者の賃金は世界的に見て高かったのが、今ではかなり安くなってきましたね。タクシードライバーの年収って日本だと300万円くらいで、アメリカだと3万ドルくらいだから、大体1ドル100円くらいがつりあっているのかなと思います。このまま円安が進むと、労働力の安さが目立ってきますね。物価も上がりますが、給料は上がりづらいですから、日本企業は潤うことが想定されます。

海外ビジネスの収益が為替によって大きくなるだけでなく、固定費の人件費が実質的に減少するのも大きいです。ほとんどの大手メーカーは基本的に海外に工場を移し終えていますが、円安の恩恵は直接的にはありませんが、設計は国内で行っているところが多く、開発コストが下がり結果的に世界的には競争力が生まれます。技術系人材派遣会社は良い投資対象ですね。

このまま順調に円安となれば、物価は上昇、賃金はより緩やかに上昇、といった流れになりそうです。円安の恩恵って、一般市民にはほとんど無いし、逆に生活は厳しくなると思います。海外旅行にも行きづらいし。最近ストライキがめっきり減っていますが、これからまた増えるのかな、でも最近の若者を見ているとそれもなさそうだったり。政治も全然国民のほうは向いていませんし、日本株や不動産は、中期的には良さそうですね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/09/22 14:40 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。