ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

トルコの利上げ

前回の記事に書いたようにトルコリラと南アフリカランドを買いに回っていると、運の良いことに早速利上げのニュースが入り、さらにその利上げが予想以上に大きくサプライズになり、リラは思っていたよりも早く値を戻しました。トルコ中央銀行の強い意思を感じますね。

大体不安心理を煽るようなニュースが飛び交うときは売りの最終段階に突入していますので、ここら辺でタイミングを見て拾うのはリスクは大きいですが、リターンも期待できたりしますね。ただ売りのテーマは新興国通貨全体と思うので、トルコから次のターゲットが変わるだけで、まだまだ売ろうとしている可能性がありますね。逃げ腰になっている相場は軽いですから、要注意です。

南アフリカも利上げしましたが、たったの0.5%じゃあインパクトないですね。ここでもう一声利上げしてくれていたら、売り方がかなりのダメージを受けたと思います。もう一下げに警戒しつつ、でも安いところでは拾いたいですね。次の対象は南アフリカランドと見ていますが、どうなるでしょうか。

トルコリラの今回の利上げは実はちょっと大きすぎな気もします。トルコの経済自体は問題ないと思いますが、今回の利上げは強めのブレーキみたいなものですから、中長期的にその影響は少なくないでしょうね。今回の一件は政治的にも意味深ですしね。次の選挙で政権交代の可能性大でしょうね。でもこの金利は魅力です。リスクをとってキャリートレード対象にしたいですね。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/30 10:39 ] 海外FX | Trackback(0) | Comment(0) |

トルコリラと南アフリカランド

新興国通貨の下げがきついですね。アメリカの金融緩和が出口に向かって金利が上昇しているのに対して、新興国ではまだまだ回復までに至っておらず金利は低く抑えていたいし、財政も弱いし、しかも頼りの中国の雲行きがかなり怪しいことからも難しい状況が続くと見られています。

トルコリラに関しては、政治的混乱があり最近かなり下げていますが、トルコ経済自体は悪くないのですが、金利をあげる必要はないとする政策は気になります。でも昨晩対ドルで2.3まで行き、2年ぶりに介入していますし、3月の地方選挙後か、8月の大統領選挙後かに政策の変更は考えられます。選挙を通じ政治の問題が解決し、金利が上がればかなり魅力的な通貨です。

南アフリカランドに関しては、正直資源高が見込まれないとつらい通貨で、やはり中国の雲行きが気になります。ただ春ごろには金利を上げてくると見込まれるのと、金の下げも一服しているように見えるのでひょっとしたら感があります。

いずれにせよ最近の下げから見ても今しばらくは買うのはかなりの勇気が必要です。もう一段の下げはあるかなと思います。でも春ごろには雲行きが変わるかなと思っています。まだちょっと早いですが、そろそろこの2通貨を打診買いをしながら、中国とアメリカの動きに注意して、安いところで拾いたいと考えています。もちろん中国が怪しくなったら即撤退ですけど。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/24 12:31 ] 海外FX | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。