ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

夏相場から秋相場へ

近所の海岸の海の家は今日でお終いになります。営業権の問題と思いますが、今年は週末前に終わって勿体ないですよね。私的には海の家が撤去されていくのを見ると、夏の終わりを感じます。アメリカでは9月の第一月曜日、今年は9月3日、レイバー・デーが夏の終わりのようなものですね。

この夏の相場は、株価は堅調というかあまり動かず、ドル円もさほど動いていない印象ですね。プロのトレーダーの方々は夏休みですから、基本動かず、でも個人投資家が地道に買うので微妙に堅調というパターンが今年は良く出ていたのかなと感じています。なのでデイトレとか、バイナリーオプションとかで、今一つ入りづらい相場だったかなと思います。でもレイバー・デーを境にして、トレーダーが戻ってきて出来高が増えてくると、相場にも勢いというか流れが出てきます。

今日の23時からジャクソンホールでFRB議長のバーナンキさんが講演をしますが、QE3発表は行われないとの見方が強いようですね。まあアメリカは弱いですがじわじわと景気が良くなっている印象がありますので、特に追加緩和は必要ないでしょうから、きっと新しいことは何も言わないと思います。個人的にはECBのドラギさんの挙動の方が気になったりしますかね。

今回の講演とか何かがきっかけになって、相場がどちらに動くかは分かりませんが、どちらにせよまた活気が出てくると思いますので、デイトレやバイナリーオプションも随分やり易くなるかと思います。今、デイトレをやってみようとか、バイナリーオプションをやってみようとお考えの方は是非この時期に試してみることをお勧めします。また夏の難しい時期に試して失敗してしまった方もリベンジしてみては如何でしょうか。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/31 12:11 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |

【TradeRush】口座開設

TradeRushの口座開設はめちゃくちゃ簡単です。まずは右のバナーをクリックしてトップページに行き、トップページの右側にあるトレード開始の欄に姓、名、国、Eメール、電話番号を記入します。姓、名などはローマ字で入力します。電話番号は国番号+81に続いて、市外局番の0を抜いて入力します。市外局番が012の場合、12と入力します。そして、赤い「口座開設」ボタンを押します。

そうするとバイナリーオプション取引口座の開設というページが開き、先ほど入力した姓、名、国、Eメール、電話番号はすでに反映されていますので、パスワードともう一度パスワードに、パスワードを入力します。次に通貨ですが、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンドが選べます。これは口座開設後に変更することができません。私は米ドルを選択しましたが、一般的には日本円で良いと思います。次にチェックボックスが2つあるのですが、上のニュースレターは配信を任意ですが、下の同意書のチェックは入れておいてください。コード入力は右側の画像の数字をそのまま入力するだけです。そして赤い「口座を開設」ボタンを押します。

次に口座パックの選択になります。初回入金額によって5つのパックを選択できるのですが、正直迷いますね。 私はドル口座なのでドルでしかわかりませんが、おおよそ同じだと思います。

ミニパックスタンダードパックエクゼクティブパックゴールドパックプラチナパック
入金額$250-$499$500-$999$1000-$4999$5000-$9999$10000+
ボーナス20%30%40%50%75%
最新マーケット情報
週間マーケット情報
更に詳しい取引ガイド
取引方法の個人レッスン
迅速な払い戻し最優先/当日3回無料
取引戦略情報
担当が優先的に対応専任
戦略取引1回3回9回
リスクフリートレード1回5回5回
専門アナリストによるアドバイス
抽選でiPad無料進呈

まあボーナス欲しさに無理して高額入金しても良いのですが、取引量がボーナスの20倍に達しないと出金できないですから、無理して高額のボーナスをもらう必要はないと思いますね。入金額が決まれば、その金額が該当する緑色の「口座を開設」ボタンを押します。

次にデポジットの入金の画面になります。クレジットカード、マネーブッカーズ(Skrill)、銀行送金とリバティリザーブが選択できます。クレジットカードが一番便利だと思いますが、私は残高があったのでマネーブッカーズ(Skrill)で入金してしまいました。クレジットカードの場合、VISA、MasterCard、Amexが利用可能ですね。マネーブッカーズの場合、金額とメールアドレスを入力して「入金」ボタンを押して、CHOOSE A PAYMENT METHODで、残高から入金する場合はPay from my balance、登録してあるクレジットカードから入金する場合は、その下に出ているカードのものを選択し、もしも新たに登録する場合は、Use a new credit/debit cardを選択します。「Confirm」ボタンを押したら入金完了です。

クレジットカードでは入金していないのですが、金額、クレジットカードの種類、クレジットカード番号、CVV、有効期限、国、名、苗字、住所、市町村、郵便番号、電話番号をそれぞれ入力して、「入金」ボタンを押せば入金できるはずです。

これで取引可能になります。TradeRushから英文のメールが届きますが、出金に際して確認書類をメールで送るようにとのものです。出金するまで送る必要はないですね。確認書類は以下のようになります。

  1. 入金したクレジットカードの表裏の画像。カード番号の始めの12桁とCVVは隠す。
  2. 住所を確認できる請求書とかの画像。海外銀行のステートメントとかが良いかと思いますが、公共料金の伝票でも良いと思います。
  3. 政府発行のIDの画像。パスポートか免許証が良いですね。

TradeRushは日本語デスクがありますので、日本語の書類を送りつけても問題ないと思います。

ボーナスの方は、しばらくして日本語でメールが来ます。ボーナスが欲しい場合は、そのメールに返信することでボーナスを受けることができます。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/22 17:21 ] TradeRush | Trackback(0) | Comment(0) |

Skrill(Moneybookers)口座開設

まだMoneybookersと言った方が通じますが、もうSkrillといった方がよいのでしょうかね。Skrillはちょっとした海外送金にとても便利なのですが、日本語が一切使えないのが難点です。というわけで口座開設方法をちょっと詳しく書いておきます。

まずはSkrillのホームページに行きます。黄色い「SIGN UP >>」と書かれたボタンをクリックします。

そうするとOpen your Skrill (Moneybookers) accountというページが開きます。ここではCountry of residence(居住国)をJapanに、Preferred languageをEnglishに設定します。そしてPersonal accountの方にある「Sign up」ボタンを押します。Moneybookers MasterCardのチェックは選択できなくなっているように、日本の住所に対応していません。

次にPersonal account sign upのページが開きます。Titleは男性はMr、女性の既婚者はMrs、未婚者はMissを選択します。First nameは名前、Last nameは苗字をそれぞれローマ字で書きます。Country of residenceはすでにJapanが選択されていると思います。Street address (No PO Box)は市町村より下の住所で、先に番地が来ます。東京都千代田区千代田1-2であれば、1-2 Chiyodaになります。State / RegionはTokyoのように、都道府県名を入れます。Postal codeは郵便番号で100-0001のように入れます。City / Townは市や町名ですが、東京23区はChiyoda-kuのように区を入れておけば良いかなと思います。

Did you move in the last 2 year?という質問は、この2年間で引っ越ししたかという質問で、Yesを選択すると、前の住所を入力する欄が登場します。

Phone numberは電話番号で、+81は国番号で入力済みで、市外局番から先頭の0を抜かして電話番号を書きます。Mobile numberは必須ではありません。Date of birthは生年月日で、dayに日、monthに月、yearに西暦で選択します。

Japan以外の住所や電話番号はあとからProfileで変更できますが、それ以外は変更できませんので注意して入力しましょう。

次にAccount detailsですが、CurrencyはJapanese Yen(JPY)となっていますが、U.S.Dollar(USD)とかに変えても良いです。でもこの口座の通貨になりますので後から変更できません。最も取引の多い通貨にしておけばよいと思います。ちなみに私はUSDです。次のLanguageはEnglishに設定します。ここは後からProfileで変更できます。

Account credentialsは、Email addressとConfirm email addressに登録するメールアドレスと、PasswordとConfirm passwordにパスワードを入れます。Skrillのやりとりは基本このメールアドレスがユーザーIDのようになります。でもユーザーとしてはCustomer IDが割り振られてこれで識別しているので後から別のアドレスを追加したり削除したり管理することができます。パスワードは8~50文字で、アルファベットとアルファベット以外の組み合わせにする必要があります。

次にあるチェックボックスは宣伝を受け取る場合はチェックで、そうでない場合はチェックを外します。これも後でProfileから設定可能です。次にSecurity numberですが、上の欄の画像に書かれている数字をそのまま入力します。最後に「Accept and create account」ボタンを押して終了です。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/17 14:07 ] Skrill | Trackback(0) | Comment(0) |

【optionFair】日本撤退

optionFairが先週でとうとう日本撤退となってしまいました。残念ですね。まだ口座に資金が残っている方は早速引き出しておきましょう。

ひと月くらい前から日本語サポート撤退の噂を耳にしていたのですが、取引自体できなくなるとは思っていませんでした。勝手な想像ですが、海外FX業者でもそうですが行政指導というか日本法人化しろとのプレッシャーがあって、日本法人を設立するまで資本を投下するつもりのないoptionFairは、撤退を選択したのでしょうかね。日本法人化したらコストばっかりかかるし、規制とかで、競争力がた落ちですからね。日本法人を取得した海外FX業者を見ていたら結末は分かりますからね。

さらに日本では24Optionが圧倒的にメジャーですから、システムがほぼ同じoptionFairは勝ち目がなかったのでしょうかね。optionFairに口座をお持ちだった方は、取引プラットフォームがほぼ同じですから、24Optionに移っても、Webからモバイルから全く違和感なく取引を続けることができますので、安心の24Optionに乗換をお勧めします。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/06 16:28 ] optionFair | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。