ドル使い

アメリカに旅行して、アメリカで買い物して、アメリカで投資するための話: 海外FX・海外証券会社・海外銀行を利用した海外投資の話題を中心に、海外旅行や個人輸入で外貨運用益を消費するための情報も紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

セブンイレブンのATMで海外デビットカード利用

私は海外の金融機関が発行したデビットカードを何枚か持っていますが、これを日本のATMを使って日本円を下ろすことはあまりやりません。やってもものは試しというか、実験のためですね。生活資金は日本円で持っているのにわざわざATMでドルを両替して手数料を払ってまで引き出す気にはあまりなりません。もっぱら海外旅行と個人輸入の決済用ですね。ですが実はつい先日その実験をやってみました。

仕事でアメリカから同僚が来ていて、いろいろ世間話をして、セブイレのATMで海外発行のカードから日本円が下ろせるのは知っていたのですが、これがとっても便利だという情報を仕入れて、これは実験しなければと思い早速セブンイレブンに行って、First Hawaiian Bankのデビットカードで30,000円を下ろしてきました。

海外発行のカードは、VISA、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、American Express、JCB、UnionPay、Discover、Diners Clubが使えるようです。早速カードを入れると、言語を選びます。日本語がありませんね。とりあえず英語なら分かるので英語を選択します。

あとはPINを入れて、引き出しなのでWithdrawalを選択します。次に下ろす先を聞かれるのですが、私の場合はChecking口座からなので、Checkingを選択します。あとは10,000円とか30,000円とか50,000円とか金額を指定するとかボタンがありますので、今回は30,000円のボタンを押します。以上で30,000円が出てきます。

この使い方はアメリカのATMと全く一緒ですね。私もアメリカのATMは使い慣れているので違和感が全くありませんでした。これは確かにめちゃくちゃ便利です。残高も日本円に換算したものですが、レシートにちゃんと出ていますね。

気になるのは手数料ですが、為替手数料は引き出すときにFXのドル円を見たのですが、0.4円くらい取られていそうですね。どこにも出ていないのでうやむやです。これで30,000円で$364.45になり、あと国際取引手数料として$3.64がすぐに引かれました。これは1%ということかなと思います。それからネットワーク使用料として$5.00があと引かれます。手数料は高いのか安いのか微妙ですね。便利なので我慢できるかなといった感じでしょうか。

スポンサーサイト
応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/29 22:05 ] アメリカの銀行 | Trackback(0) | Comment(0) |

バイナリーオプションでトレンドを狙う

バイナリーオプションにはいろいろと戦略があると思いますが、私がバイナリーオプションで基本だと思っているエントリー方法は、トレンドを見極めて、High/Lowを選択するものです。

トレンドを見極めるために、まずはチャートですが、24オプションで提供されているチャートの場合、振幅に合わせてスケールが変わりますし、時間軸が短く以前の値動きが分かりません。トレンドラインも引けませんし。はっきり言ってこのチャートだけで勝負するのはギャンブルだと思います。まずはMT4などが利用できてFX以外にもCFDも数多く扱っている業者、例えば簡単に口座が開けるYouTradeFXなどに口座を開いておいて、自分が取り扱う原資を4つくらいチョイスします。でかいディスプレイがあれば沢山の原資を表示しておくのも良いですね。ただ10分くらいの間にエントリーするかどうか決めますから、あまり多いと慌ただしいですよね。自分が扱う原資をある程度決めておくことをお勧めします。またチャートは5分足で表示しておきます。1分足でも良いですが、そこは好みでしょうね。

チャートをみながら、トレンドがはっきりと出ている原資に対してエントリーするわけです。トレンドが弱い場合はエントリーしないことです。弱いトレンドでも、24Option側のチャートの場合、スケールが変わってしっかりトレンドに乗っているように感じるのですが、ちょっとした値動きであっという間にアウトオブザマネーに持っていかれてしまったりしますね。これでは5分とか10分とか維持するのは厳しいですね。例えば、USD/JPYが83.00から83.50までこの30分で上昇トレンドを一定の割合で形成していた場合、後10分くらいでも十分にHighでエントリーに行けると思います。しかし83.00から83.10くらいの値動きでボラタリティが無い状態ではHigh/Lowではエントリーできません。また83.00から83.40まで20分で上昇し、その後10分間83.40から83.50まで上昇してきたとかの場合、上昇トレンドは維持されていると言えるかもしれませんが、トレンドラインを割り込んだ場合は、エントリーしないほうが無難かなと思いますね。ですのでトレンドラインを引きながら、その傾きとかも考慮して、エントリーするかどうか判断していきます。

24OptionではiPadとか、携帯からも取引できますが、チャートが無いと正直つらいですね。結果を確認するのには良いですがね。つい先日暇な時間にiPadで取引したら負け続けてしまいました。やっぱりチャートをしっかり見てエントリーしたいですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/15 20:21 ] 海外バイナリーオプション | Trackback(0) | Comment(0) |

経常収支の赤字

経常収支って、輸出入したときの収支だったり、投資行為の収支だったり、海外への資金援助や資金協力とかの収支だったり、海外旅行での収支だったりを合算したものですが、1月の経常収支は4373億円の赤字で過去最大のものでした。べつにこれが赤字でも我々の生活に直接影響はないと思われるかもしれないですが、これが恒常的に赤字となった場合は、日本の場合かなり危険な状態になるかもしれないですね。

経常収支が赤字になるということは、日本から海外にお金が出ていくということですから、円安になりますね。これは一見問題なさそうですが、現金が出ていきますから、金利が上昇していきますね。金利が上昇すると日本はありえないぐらい国債を発行していますので、あっさりと国債の暴落を招きかねません。まあそこまでひどいことにはならないかなと願いますが。

日本は海外に膨大な資産を有していますので、それなりの所得があるのですが、電力の問題や法人税の問題もあり、法人の海外移転は加速していますので、雪だるま方式の所得増加にはストップがかかりそうですし、海外の金融緩和が招くインフレや、イラン情勢の緊迫による原油の高騰などにより輸入総額が増加していきそうですので、恒常的な経常赤字は近い将来やってきそうですね。

そんなこともあってか2012年度税制改正案には法人税の減税と、5000万円を超える国外財産を保有する個人に対して、国外財産調書の提出を義務付けることが盛り込まれています。まあ法人税下げないと法人は逃げていきますし、個人も資産を海外に移しますから何か手を打たないといけないですからね。でも効果は無さそうな感じがします。

個人ができる対策はFXで円売りを押し目できっちり入れていくことと、海外への資産持ち出しでしょうか。でも円安になりすぎると、中国企業に日本企業や不動産が続々買収されそうで怖いですね。住みづらい世の中になりそうですね。

応援お願いします!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/12 18:41 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0) |
RECOMMENDS
ACCESS COUNTER
SOCIAL
FOLLOW ME
MONTHLY ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。